2014年01月20日

台湾(馬英九)は日本軍の暴行を永遠に忘れない

台湾の馬英九総統が、フェイスブックで何か言っておられます・・。


【台北=吉村剛史】台湾の馬英九総統は19日、交流サイト「フェイスブック」上で、18日に南部・屏東県で台湾の元慰安婦と面会したことを報告し、

「われわれは日本軍の暴行の歴史を永遠に忘れない」などと批判した。

 一方、安倍晋三首相の靖国神社参拝には、「傷口に塩を塗る」行為で、遺憾だと表明した。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140119/chn14011920550006-n1.htm
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=666419876753481


今度は慰安婦ですか・・。


加えて、「われわれは日本軍の暴行の歴史を永遠に忘れない」とのことです。
かなり強硬ですね・・。


靖国参拝については、相当本気で嫌がってますね。。
言及する回数が多すぎますね。


個人的には馬英九総統が、完全な親中反日で、中国のスパイか・・・と問われますと、そこまではないのかな?とも思いますが(そもそも本当にそうならば二期も勝てないのでは?台湾で選挙を経て二期総統を務めたのは李登輝さんと馬英九さんだけです)、あきらかに反日のイデオロギーをもっていますね。


次の選挙で馬英九さんが率いる国民党が勝つのか、蘇貞昌さんが率いる民進党が勝つのか注目していますが、実は民進党が勝ったとしても、そこまで劇的に変わらないのではないかと思います。


歴史問題が絡むような問題は無理なのではないかと思います、とくに靖国問題は無理でしょう。
蘇貞昌さんも首相の靖国参拝について批判していますし・・。


民進党の主席の蘇貞昌が今日訪ねられる時表して、今東アジアの情勢が不安で、このような行為は周辺の情勢の安定と平和に無益です。

蘇貞昌は、過去日本の軍事は武力を乱用して、侵略周辺国家を攻撃して、これは歴史が否定することができないので、特に、そんなに大きい災難がと苦痛なことをもたらして、同じく正視しないわけにはいきませんと指摘しています。

[蘇貞昌:安倍參拜靖國神社之舉無益和平](中国語)
http://tw.people.com.cn/BIG5/n/2013/1227/c14657-23961340.html


「日本の外交力が低下している」ということはよく言われますが、台湾に対しても中韓のスパイが紛れ込み、あらゆる工作をしているでしょう。
政府間でも、あらゆる甘言をもちいて取り込もうとしているはずです。


現状をみるに日本政府の外交部は、あまりあてになりません。。
民進党もあてにならないようです、そうしますと・・・日台関係は長期的には難しくなっていくかもしれません。


「馬英九さんと国民党がすべて悪い」という楽観的なレスをよくみますが、ちょっと楽観的すぎるかな?と思ったりします。。


参考:[台湾総統、靖国参拝に「理解しがたく失望した」]
http://3gensoku.seesaa.net/article/385084829.html


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。