2013年12月03日

フジが韓国の反日を特集

なんでもフジテレビが、韓国の反日の特集番組を放送したそうです。
動画がありましたので紹介いたします。





うーーん、そこまで踏み込んでるわけでもないかな?
それでも部分部分ではキツいことも言っていますが。。


----------------------------------------------------------------------

『親日であるということは韓国においては100%否定的に用いられる』

『韓国を中心に(世界が)回っていると思っている人が、たくさん居る』

----------------------------------------------------------------------


韓国の反日特集番組についてはTBSも放送していましたが、あちらの方が過激ですね・・。


[TBSが反韓番組を放送](2013/11/11)
http://3gensoku.seesaa.net/article/379964649.html


番組内で、パククネさんがヘーゲル国防長官に対して「日本の歴史認識について等々と説いたが受け入れてもらえなかった」とあります。


フジTV 反日韓国を報道.jpg



しかし、実際には受け入れてもらえないどころか逆効果だった、とかいう報道もでてますね。
ヘーゲル米国防長官じゃ朴大統領の日本批判に苛立っていたとかなんとか・・。


(前略)9月末に訪韓したヘーゲル国防長官との会談でも、歴史問題や領土問題で日本を批判したのである。

 魂胆はミエミエである。朴氏は強大な同盟国であるアメリカを味方につけ、日本を叱ってもらえば、日本がキャンと鳴くと踏んだのだろう。

 残念ながら、その思惑は裏目に出た。10月3日、日米両政府が東京で開いた安全保障協議委員会にヘーゲル国防長官が出席。その場で、「集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈の修正」を支持すると表明した。朴氏が必死になって憲法解釈の修正を批判してきたにもかかわらず、アメリカはそれをあっさりと袖にした形だ。

「ヘーゲル氏は訪韓時、朴大統領に持論の日本批判を並べ立てられて苛立っていた。他に重要な外交課題を持って行ったにもかかわらず、関係ない話ばかりされたからだ。今回、日本の憲法修正支持を表明したのは、朴大統領への当てつけだと見られている」(外務省筋)

[ヘーゲル米国防長官 朴大統領の日本批判に苛立った](週刊ポスト)
http://www.news-postseven.com/archives/20131118_227360.html



日本のマスコミを反日化させ、アメリカを怒らせ、国際社会で孤立し、自爆しつづけるパククネさんに保守層は感謝しなければなりませんね(^^;


そして、逆に、日本の保守勢力は自爆し、一般大衆の支持を失うようなことが無いように気をつけなければなりません。。


        *        *        *


しかし、週刊ポストの反韓志向はすごいですね・・。
今見たところ、人気記事ランキングトップ10のうち4つまでが反韓記事です。


以前、日本の週刊誌の反韓傾向を調べたことがあるのですが、ポストと文春には、ただならぬ執念のようなものを感じました。。
親韓派の息の根を止めたいのでしょうかねー(^-^;


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





ラベル:反韓番組
posted by K_美樹 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 反韓番組(テレビ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。