2013年11月29日

韓国は常軌を逸している

露骨な反日外交を繰り返す韓国に対して「制裁を加えるべき」という声が著名人からも出てきています。。


何度か、このブログでも紹介していますが、新たに一名追加になります。


==前略==軍事評論家の田母神俊雄氏(65)が「韓国よ、いい加減にせいと」と怒りを露わにしている。

 田母神氏は朴氏の数々の言動に「ここまでくると常軌を逸していると言っていい。彼女の大統領としての最大の任務は日韓関係をぶち壊すことなのか」とコメント。

 安倍総理が靖国神社参拝や河野談話、村山談話の見直しを見送っていることについて、「極めて抑制的な対応をして、日韓関係の改善に努力している」と田母神氏は評価しているが、一方でそれらが全く功を奏していないとして「はっきり言って日本的な誠意が通じない国が韓国なのである。韓国に対しては大人の対応や冷静な対応は止めて、子供の対応をしなければ駄目だ。『目には目を、歯には歯を』の対応こそが日韓関係を改善していくであろう」と対応を変えるべきとの考えを述べた。

 さらに田母神氏は、「目には目を…」の具体策として、韓国のGDPに占める輸出の割合は50%近くもあり、その輸出経済は、日本から韓国に輸出される工作機械や計測機械、工業用の原料などが支えていることを説明した上で「我が国は韓国に対し圧倒的に強い経済力を使って韓国の締め上げに掛かるのがいいのではないか」と提案。

 「日本は韓国に舐められている。何を言っても日本は反撃してこないと思われている。何十年も反撃をしなかった日本であるが、この辺で反撃をしておかないと日韓関係は修復不能なほどに壊れてしまうかもしれない」と自身の見解を述べている。

田母神氏「日本は強い経済力で韓国締めあげたらいい」
http://yukan-news.ameba.jp/20131128-150/



新たに元航空幕僚長、田母神俊雄さんが、韓国への経済制裁を提言しています。
ちなみに、これは取材をうけたものではなく、自身のブログに書いていますので下記URLより全文を読むことができます。


「韓国よ、いい加減にせい」(田母神俊雄公式ブログ)
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/entry-11713759949.html


『日本非難を繰り返している。ここまでくると常軌を逸していると
 言っていい。彼女の大統領としての最大の任務は日韓関係を
 ぶち壊すことなのか。』(田母神俊雄)


『はっきり言って日本的な誠意が通じない国が韓国なのである。
 韓国に対しては大人の対応や冷静な対応は止めて、
 子供の対応をしなければ駄目だ。「目には目を、歯には歯を」の
 対応こそが日韓関係を改善していくであろう。』(田母神俊雄)


かなり怒っておられる様子。。(^^;
今まで日本人は優しすぎたのでしょうね・・。


今の日本に昔ほどの余裕はありませんし情勢不安もあり反韓傾向はさらに続くでしょう、、。
ただ、長期的にはこれもわからないところで、これがこの国の怖いところです・・。


可能性は極めて低いとは思いますが、民主党政権に戻れば元の木阿弥、、、仮に民主党が復権しなかったとしても長期的には何らかの左派政党(中道左派)がでてくるでしょう・・・保守の皮をかぶって。。
政治思想にはサイクルがあります。


また、安倍首相が辞めれば、次の総理は、石原伸晃さん、石破茂さん、町村信孝さん、谷垣禎一さん、あたりでしょうか・・。
この方々は、町村さんを除きリベラル色が強いです。
(正直、町村さんも微妙です)
総理になれば、中韓に対し宥和外交にでる可能性が高く、安心できません。。


現在は保守に風が吹いているのは事実なのですが、あまり楽観もしていられません。
個人的には何とか持ちこたえているような心境です・・。


        *        *        *


田母神俊雄さんが「韓国への制裁」を提言されましたので、新たに「韓国制裁提言者リスト」に加えておきます。


--------------------
田母神俊雄(元航空幕僚長)
藤井厳喜(国際政治学者)
上念司(経済評論家)
三橋貴明(経済評論家)
片山さつき参院議員(自民党)
金子恵美衆院議員(自民党)
萩生田光一衆院議員(自民党総裁特別補佐)
--------------------


新たに増えるごとに更新していきます。
どんどん増えて欲しいものです(^^)


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 20:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国への制裁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大人の対応って相手によっては良い事じゃない事もあるんだなぁ。
特亜のみに当て嵌まるのかもしれませんが。
確かに弱腰外交で来ていた分、舐められてる感は否めませんね。
ここらでガツンと行かないと永遠に嫌がらせ、強請りたかりされるでしょう。
ずっと隷属国だった南北トンスルは勿論、支那も強い国には弱いので日本の強さを軍事、経済、外交と様々な分野で示す事も大事かもしれませんね。
Posted by at 2013年11月29日 21:56
いらっしゃいませ、コメントありがとうございます m(_ _)m

「大人の対応」というとカッコいいですが、
相手にとっては、
「それをやっても怒らない」
というメッセージになってしまいますからね。。

日本には無駄な争いごとを避ける和の文化がありますが、
人間関係と外交はまた違いますね。
日本人の感覚では馴染めないかもしれませんが・・。
Posted by 美樹 at 2013年11月30日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。