2013年11月12日

米国で韓国史の嘘がバレ始める

ニューヨーク・タイムズが、韓国がアメリカにおいて振り撒いていた捏造の歴史について踏み込みはじめたようです。


以下の動画に詳しく解説されています。。


【がんばれ米国】本当の韓国は親日なのだ♪



ちなみに、ご存知の方も多いとは思われますが、上記動画に出てくるニューヨーク・タイムズは有名な反日新聞です。
このような新聞が「パククネの父親は日本軍の軍人だった」などと書くのは、ちょっと驚きです。。


親中路線を突き進む韓国がウザくなってきたのか、安倍首相のメディア戦略が効いてきているのか、、、真意はわかりませんが、何かが起きているのかもしれません。。


日本のマスコミもそうですが、一部の強固なスパイマスコミを除いて、実は反日だとか反韓だとかは、あまり関係がないのだと思っています(もちろんある程度の社風のような物はあるでしょうが)。


新聞も週刊誌も、その他情報メディアも、単に売れるネタがあればいいのでしょう。
週刊誌は、その多くが反韓に舵を切ってしまいました。
売上一位の週刊文春には、ほぼ毎週のように反韓記事が載る状態です。
朝日新聞系列の週刊朝日にすら載っています。。
大手新聞の韓国報道を読んでいても極端に不自然なものは感じません(朝日・毎日は除く)。
読売なんか読んでいますと韓国には厳しい印象を受けます。


マスコミを一まとめにし、マスゴミ、カスコミというような単語を使って過剰にたたき対立構造を作ってしまうのは、保守勢力にとっては、あまりよろしくないのではないかな? と、個人的には思っております。。
産経なんかは頑張ってるんじゃないでしょうかね(^^;


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外メディアの反応 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マスコミに反韓記事を載せざるを得なくさせたのは、ネットとそれを基盤とする反韓運動の成果であると思います。
それをもって「マスコミは元々反日ではない、その証拠に反韓記事を載せているではないか」と主張するのは、原因と結果が逆のような気がします。

「マスゴミ」が「(反日左翼)マスゴミ」というニュアンスを持っているのは、叩く方も叩かれる方もわかっていると思います。機会があれば産経新聞の中の人に聞いてみたいですが・・・。

もしマスコミ内の反日スパイ勢力が一掃され、完全に反韓愛国にシフトすれば、その時はきちんと評価してあげるべきですね。
Posted by ルフトバッフェ at 2013年11月13日 00:42
>マスコミに反韓記事を載せざるを得なくさせたのは、
>ネットとそれを基盤とする反韓運動の成果であると思います。

関連はもちろんあると思います・・・あるとは思いますが、、、
どこまでウエイトを占めるかは、ちょっとわからない印象です(^^;

個人的には、載せざるを得なくさせたのは、
イ・ミョンバクさん、パク・クネさんの失策が、
かなりの影響を与えているのではないかな、、、とは思います。

反韓運動の成果ならば、
もっと早く影響が出ているような気もします。。
ネット上の反韓の空気は今に始まったことではないですし・・。
ただ、もちろん関係はあると思っています。

ちなみにルフトバッフェさんは、
反日新聞ニューヨーク・タイムズ(韓国人記者疑惑あり)が、
反韓記事を書き始めたのは、どういう理由だと分析されますか?
私はイ・ミョンバクさん、パク・クネさんの失策だと思います。
Posted by 美樹 at 2013年11月13日 21:54
確かに、両者がどの程度のウェイトかはわかりませんね。ただ、相乗効果はあると思います。
もし反韓運動が全く無かったら「日本側に原因がある」で押し通していたかもしれませんし、韓国政府が失策を犯さなければ韓流ゴリ押しはまだ続いていたかもしれません。

それと、個人的な意見なのですが、
反韓運動が日本の政治・行政に抗議 → 韓国支援を思い留まらせる → 韓国の政策が失敗 → 反日麻薬に頼る
という効果も少しはあったのかな・・・と思います。

ニューヨークタイムズの反韓記事については、韓国側の自爆だけでなく、日本の市民社会からの反論(なでしこアクション等)の効果もあったと思っています。恥知らずなロビー活動への反発だけで意見を変えてくれるほど、国際世論はお人よしではないと。
Posted by ルフトバッフェ at 2013年11月14日 23:10
コメントありがとうございます、ルフトバッフェさん(^^)

>反韓運動が日本の政治・行政に抗議 → 韓国支援を思い留まらせる
>→韓国の政策が失敗 → 反日麻薬に頼る 
>という効果も少しはあったのかな・・・と思います。
>ニューヨークタイムズの反韓記事については、
>韓国側の自爆だけでなく、日本の市民社会からの反論
>(なでしこアクション等)の効果もあったと思っています。

なるほど・・・参考になります。
色々な方の色々な意見を聞くことは、
思考に柔軟性をつける良い訓練になります。

ある種の集合体に属していると、MADという特殊な
精神状態に陥ることが科学的に明らかになっています。
グループシンクという概念なのですが、
これの防止も、このブログの目的の一つだったります。

時々、書いていますが“酔う”のですね・・・。
専門的には相互確認幻想というらしいのですが、、、
自分が絶対に正しいと思い込み、
通常では考えられない馬鹿げた決定をしてしまう・・。

私自身、この状態に陥っていることがありますので、
あまり偉そうなことは言えないのですが、(^^;
できる限り啓蒙していこうと思っています。
======
このあたりの理論的、科学的な話も、
ゆくゆくは記していきたいと思っています。
======

しかし、今日の日記にも書きましたが、
恐ろしいのは味方の自爆行為です・・。
韓国は、恐ろしいスピードで自壊しています。
いろいろと策を練っていた自分が、
むなしくなるほどの自爆ぶりです。。


あと、この前は情報ありがとうございました(Twitter)。
また何かありましたら情報いただけると幸いです m(_ _)m
なにか閃けば記事のネタにするかもしれません。。
毎日更新は、ネタの収集が大変なのです(^^;
Posted by 美樹 at 2013年11月15日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。