2013年11月01日

韓国人が持っている世界像

日経ビジネスに
『日米同盟強化で逆切れした韓国「だったら、中国と同盟を結ぼう」』
という記事が掲載されています。


著者は、鈴置高史さんという方で、かなり保守色が強い方ですね。。


結構おもしろかったです。
まあ、韓国をボコボコにしている内容なのですが、反日麻薬で脳が麻痺した韓国が、どのような妄想に陥ってるのかわかります。


一部を引用してみます。。


韓国メディアが描く独特の世界像

 韓国メディアが報じてきた「世界像」は以下のようなものだった。

・オバマ大統領は極右の安倍晋三首相が大嫌いだ。一方、朴槿恵大統領に対しては極めて親しい感情を抱いている。米国にとって、韓米同盟が米日同盟よりも重要になった。
・安倍晋三首相は右傾化を進めており、集団的自衛権の行使容認もその一環だ。
・韓国が中国をも背景に、日本の集団的自衛権の行使容認に反対している以上、米国が許すはずがない。朴槿恵外交の勝利だ。

==中略==

韓国外交の勝利は「胡蝶の夢」

 ちなみに韓国には、国民の情緒――喜怒哀楽を煽れてこそ有力メディア、との発想がある。正確な事実の伝達は、先進国ほど重視されない。

 もっとも、米中両大国の力を背景に、日本を叩いて外交的に快進撃を続ける我が国――といった共同幻想を厳しく批判する韓国人もわずかながらいる。

 外交政策企画室長やシンガポール大使などを歴任した元・大物外交官で「親中反日政策は韓米同盟の空洞化につながる」と警告する李長春(イ・チャンチュン)氏だ。

 同氏は保守系サイトの趙甲済ドット・コムに「NATOも顔色を失う米日同盟の躍進」(10月11日付)を寄稿し、こう訴えた。

・韓国は対中依存症によりおかしくなった精神状態で「胡蝶の夢」をまどろんでいる。この幻(まぼろし)から覚めねばならない。
・過去を持ち出し現実から目をそむけ、敵と味方を取り違えている韓国の「親中反日」こそは、在韓米軍撤収を議論の場に引き出しかねない。
・韓米同盟と米日同盟のうち、どちらが米国にとって重要か自問自答しつつ、誤った判断を避けねばならぬ。

 こうした冷静な議論は新聞やテレビなど既存のメディアではほとんど見られない。「反日」を楽しんでいる韓国人から、“おもちゃ”を取り上げるわけにはいかないからだ

[日米同盟強化で逆切れした韓国]
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131022/254888/?P=1



結構、つっこんで書いちゃってますね。
これを日経が掲載しているとは時代の流れを感じます・・。


韓国メディアの特殊性がよくわかる記事です。


>ちなみに韓国には、国民の情緒――
>喜怒哀楽を煽れてこそ有力メディア、との発想がある。
>正確な事実の伝達は、先進国ほど重視されない。


ちなみに、日本の一部のネットメディアは上記の傾向が明らかにあります。。
日本の保守勢力も気をつけた方がよいのでしょうね。。


私も、結構、韓国に対してキツいことを書いてしまっているので、偉そうなことは言えないのですが(^^;
ネットの保守活動は、しばしば“酔い”ます。
私には向いてないのかもしれませんね・・。


韓国にも、一部のまともな言論人もいるようですが、反日ドーピングの力は、まだまだ強いようです。
まともな方々の影響力が強くなってくると問題ですが、まだまだ大丈夫なようですね。。


『「反日」を楽しんでいる韓国人から、
 “おもちゃ”を取り上げるわけにはいかないからだ』


個人的には、重たい言葉だと思っています・・・。
私も酔わないように気をつけなければなりません(^^;


鈴置高史さんの記事は、登録(無料)すれば、全文読むことができます。
興味のある方は、一読してみてはどうでしょうか、、。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | インターネットメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本メディアの場合は大手既存メディアが「あれ」なもんですから、その反動でネットメデイアが嫌韓度を強めているのでしょう。

でも元がネガティブ思考の日本人ですから自分の国家、国民に慢心はしていない。

韓国の場合何故か妙な自信が有るうえ、嘘で塗り固めた韓国社会ですから崩れ出すと歯止めが効かない筈。
Posted by 馬の骨 at 2013年11月03日 17:57
コメントありがとうございます m(_ _)m

>韓国の場合何故か妙な自信が有るうえ、
>嘘で塗り固めた韓国社会ですから崩れ出すと歯止めが効かない筈。

韓国のマスコミは自信に満ち溢れていますね(^^;
オバマ大統領は、韓国を困惑させたことに対して
非難は免れない・・・だとか。。

韓国で暮らしていたアメリカ人の学者さんが、
いずれ韓国はアメリカを攻撃する、、、と言っていますね。
おそらく現実になるのでしょうね。
それまで、国家として存続していれば・・・ですが。
Posted by 美樹 at 2013年11月03日 19:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。