2013年10月24日

台湾が靖国参拝を批判

台湾が靖国問題でいちゃもんをつけてきています・・。


これは台湾メディアではなく、台湾政府が正式に表明しています。。


靖国参拝、「歴史直視を」=台湾外交部

【台北時事】台湾の外交部(外務省)は18日、新藤義孝総務相らの靖国神社参拝を受けてコメントを発表し、

「日本の政府、政治家は史実に向き合い、近隣国の国民感情を傷つける行動を取らないでほしい」

と注文を付けた。

その上で、「前向きな思考で周辺国との友好関係を発展させることを望む」と日本に呼び掛けた。(2013/10/18-20:15)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201310/2013101800921



日本人は知っておいた方がよいニュースでしょう。。


台湾は親日と言われていますが、馬英九さんが辞めない限り、友好とはいきませんね・・。


台湾の反日報道については、過去にも記事にしたことがありますが民間が起こした行動でしてた。
しかし、上記は台湾の外務省・・・つまり台湾政府が言ってきています。

[激化する台湾の反日デモ(2013/9/17)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/375075374.html


台湾も靖国問題で敵に回るとなるとやりにくくなります。
先々代の李登輝元総統は理解を示してくれていたのですが・・。


「靖国問題とは中国とコリアがつくったおとぎ話なんだよ」(李登輝)


現在の台湾のトップ、馬英九さんは、経歴からみて聡明な方なのでしょうし、台湾総統を2期も務めておられますので人気もある方なのでしょう・・。


しかし、こと対日感情については最悪であると言わざるを得ません。
以下は、いずれも馬英九さんの言葉です。。


「釣魚島の奪回のために日本とは一戦を交えることもいとわない」
「日本の台湾統治50年間で、計65万人余りの台湾人が殺害された」
「日本政府は歴史の過ちに対して(慰安婦に)謝罪する責任を持つ」


この方でいい、というのが選挙結果、、、つまり台湾国民の意思ですので、台湾が親日とは言っても、そういう親日なのでしょう・・。


早く民進党に変わってほしいものですが(馬英九さんは国民党)、どうも直近の選挙で大敗しており厳しいようです・・。
現在の党首、蘇貞昌さんは親日派のようではあるのですが。。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 台湾情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かといって、「反発があるから靖国参拝をやめればいい」というわけでもないのが難しいところですね。
反発があることは一切しないのであれば、永遠に後退していってしまいます。
Posted by ルフトバッフェ at 2013年10月26日 11:10
>>ルフトバッフェさん いつもありがとうございます(^^)

そうですね、、その通りです。。

しかし、台湾が、こうくるとは・・。
今後、事態が悪化しければいいのですが、、。
Posted by 美樹 at 2013年10月26日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。