2013年10月06日

韓国が日本を戦犯国と呼ぶ理由

皆さんもご存知のこととは思いますが、韓国の方は、日本国のことを『戦犯国』と呼びます・・。


senpan.jpg



「アゴラ-言論プラットフォーム」に
『韓国の方々がなぜ日本を“戦犯国”と呼ぶのか、考えたことはありますか?』
という記事が掲載されています。。


ネット上では語り尽くされた内容も多いですが、なかなか面白いです。
要点をしぼり、コンパクトにまとめられています。


どんな内容なのか一部引用してみましょう。


韓国はどうか。中国のように日本と戦争していたどころか(*まさか秀吉の時代にまで遡る人はいないと思うが)、日韓併合から敗戦による受動的な独立まで、幾つかの暴動があっただけで、二個師団程度の駐屯で全土がほぼ平穏に治まっていた。戦争犯罪の犠牲者がいるとすれば、広島の韓国人被爆者のように、連合国によるものだ。

むしろ、当時の韓国人は日本軍の戦争犯罪側にいた。まず、将校クラスも少なからずいて、兵士に命令する立場だったから、「当事者」だったといえる。次に、捕虜収容所の監視員として、多数の連合軍捕虜を虐待した。韓国人のBC項戦犯148名のうち、大半はこの監視員である。彼らは強制徴用されたわけではなく、すべて志願だ。つまり、連合国史観によれば彼ら自身が“戦犯”と認定された身である。==中略==

以上、まとめると、韓国は日本と戦争したこともなければ、旧連合国の一員であったこともない。それどころか逆に連合国から身内が戦犯扱いされている。20世紀後半には自ら最悪の戦争犯罪を行った。よって、韓国人が道徳的な優越感を滲まながら「戦犯国」などと日本を嘲弄する精神性は、客観的な歴史的事実からすると理解不可解なものだ。

では、なぜ、彼らは国民レベルでそんな優越感に浸っているのか?



この記事には続編があり、「なぜ優越感に浸っているのか?」、その理由も考察されています。


これも、うまくまとまっています。。
冒頭部分のみ、少し引用しておきます。
(興味が湧きましたら、是非、読んでみて下さい)


正当な理由がないにも関わらず、なぜ韓国人は優越感を滲まながら「戦犯国」などと日本を嘲弄しているのだろうか。いったい彼らの頭の中はどうなっているのか。

答えは「史実をほとんど逆さまに認識しているから」だと思われる。たとえば、「日帝が韓国を強制併合して収奪と民族抹殺を始めると、独立軍が各地で蜂起し、日本軍と果敢に戦った。太平洋戦争が始まると、臨時政府は日帝に宣戦布告し、連合国の一員になった。韓国の独立はこのようにして自力で勝ち取ったものだ。韓国人BC項戦犯については、あくまで強制動員され、犯罪を強要された“被害者”にすぎない」…という具合に。

こんなでっち上げの「建国神話」のせいで、彼らは自分たちが連合国側に属するなどと錯覚している。一般に、韓国人は、政治的なプロパガンダにすぎない“歴史教育”により、近現代史において以下の「四つの大きな真実」から完全に隔離されている。

・第一、日韓併合の真実。
・第二、日本統治時代の真実。
・第三、戦後の独立と李承晩時代の真実。
・第四、朴正煕時代の「漢江の奇跡」の真実。

以上の四つの項目について、韓国人の頭には公然たる嘘やトリミングされた情報が詰まっており、その虚偽を「正しい歴史」などと呼んでいる。韓国の歴史教科書を読んだことのある人なら分かると思うが、それを規定する国史編纂委員会はプロの贋作者集団であり、非常に手の込んだ捏造をやっている。



読みやすいように、要点をしぼり、コンパクトにまとめられています。
うまいですね(^^)


あまり長いと最後まで読んでもらえませんし、あまり専門的になりすぎると拒否反応を示してしまう人が多いものです。。


著者の山田さんは、最終結論として、かなり痛烈な批判をよせています・・。


韓国とは、こういう特定の民族への憎悪と偏見を植え付ける洗脳教育を国家として65年間も続けてきたアブノーマルな国なのだ。

しかも、事実に反するまがい物を「正しい歴史認識」などと称して、日本人にも強制しようとしている。国を挙げて科学的・客観的に事実でないことを信じているわけだから、これはもう“信仰”の域である。つまり、この地球上には、キリスト教国・イスラム教国・仏教国のほかに、第四の「反日真理教国」が存在すると思ったほうがいい。

韓国とは一個のカルト教団なのだ。

だから、韓国が友好国だとか、同じ価値観を共有するパートナーだとか真顔で言っている日本人は、よほどの無知か、馬鹿がつくお人好しか、手先系か、どれかである。

事実はもっとも非友好的で、価値観の異なる国なのだ。

彼ら親韓派(隷韓派?)は今、韓国の“突然の”反日にうろたえ、「日韓はこれまでうまくやってきたはずなのに」とか、「政治家や政府のレベルでやり合っているだけで、しばらくしたら元の友好関係に戻れるはずだ」などとオロオロしている。

「馬鹿につける薬はない」とはこのことだ。



しかし、、、アゴラは、ライターの多くが各界に影響力を持つ著名人であり、投稿記事は実名制です。


アゴラ編集部によりますと月のページビュー数は約270万、日本最大級の閲覧数を持つウェブ上の言論空間・・・とのことです。


このような、アングラではない大手サイトに、上記のような記事が載るのですから時代は変わったものです。。


著者の山田さんは、「韓国人の方にこそ読んでいただきたい内容」と記されていますが、これを読んだ韓国人の方がどう思うのか・・・私も興味がありますね(^^;



        *        *        *



多くの方・・・、このような話題に疎い方、親韓のリベラル寄りの方にこそ読んでいただきたい内容です。


要点をしぼり読みやすくコンパクトにまとめられていますし、文体もさほど感情的ではありませんので拒否反応も少ないことでしょう。


身近にそのような方がいる場合には、遠まわしに、通読を勧めてみてはでどうでしょうか?


以下にURLを記しておきます。
上から順に内容は繋がっています。



韓国の方々がなぜ日本を戦犯国と呼ぶのか考えたことはありますか?
http://blogos.com/article/69998/


なぜ韓国は歴史を書き換えたのか―その動機と背景を考える(前半)
http://blogos.com/article/70375/


なぜ韓国は歴史を書き換えたのか―その動機と背景を考える(後半)
http://blogos.com/article/70376/

======
記事のソース元は「アゴラ」なのですが、ブロゴスに転載された物の
方がレイアウトがよく、読みやすいと思いましたので、
ブロゴスの方のURLを採用いたしました。
======


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 21:20| Comment(6) | TrackBack(0) | インターネットメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>だから、韓国が友好国だとか、同じ価値観を共有するパートナーだとか真顔で言っている日本人は、よほどの無知か、馬鹿がつくお人好しか、手先系か、どれかである。
事実はもっとも非友好的で、価値観の異なる国なのだ。


↑韓国は法治国家じゃないし言論の自由も無いですからね。

なのに安倍首相が「韓国は日本と同じ価値観を共有する国」と何度も発言していますね。
某番組ではコメンテーターが「韓国はどうでもいい国」と主張しているというのに保守派総理が同じ価値観だから関係改善を目指すとか言ってる。カスゴミ対策なんですかねえ。要らないと思うんですが。
安倍さんは、石原慎太郎さんを除いた他党代表の政治家よりは韓国に毅然としている方なので安倍自民を支持するしかないんですけどね。
Posted by 麦茶 at 2013年10月07日 22:43
いらっしゃいませ、麦茶さん(^^)


>安倍首相が「韓国は日本と同じ価値観を共有する国」と何度も発言

まあ、責任ある立場ですし、色々と難しい場面もあるのでしょう。。
ただ、口では、いろいろと言っても、
実際には安倍さんは、こんなこと考えてませんね(^^;


>安倍さんは、石原慎太郎さんを除いた他党代表の
>政治家よりは韓国に毅然としている方なので
>安倍自民を支持するしかないんですけどね。

そうなりますよね・・。
いろいろ言う人もいますし、実際に良くない噂もあるのですが、
中韓の嫌がることをする、という原点にかえって考えれば、
保守層が支持するのは、安倍自民しかないというのが、
実際なのでしょうね、、。
Posted by 美樹 at 2013年10月08日 20:45
これは大きな誤解じゃないのか?1951年に「日米安全保障条約」が締結され、米国は一方的に日本の無条件降伏の義務を解除するとともに、軍事同盟を結び、「カイロ宣言」の義務をあからさまに放棄した。 そして、新日米安保条約が発効されたことで、サンフランシスコにおいて48ヶ国の代表との間に講和条約が調印された。また、翌52年4月28日に同講和条約が「日中平和条約」とともに発動した。後、「カイロ宣言」は正式に失効とされ、それと伴に中国は1952年に戦勝国資格を剥奪された。

1951年のサンフランシスコ講和条約よって日本は独立を認められ、日本は主権を回復した。日本は独立国家、民主主義国家として返り咲いた。 国際法上明らかに日本は正常な国なのだ。しかし日本はまだ正常な日本国憲法を持っていない。60年前、戦時世代は日本の「生存権」を守って一定の役割を果たした。しかし、これからは若い世代に引継ぎ憲法改正をやらなければならない。本当の正常化国家として実現していくために。
Posted by 傍観者 at 2013年12月13日 21:23
コメントありがとうございます m(_ _)m

サイト運営の参考にさせていただきます。。
Posted by 美樹 at 2013年12月14日 20:53
日本を戦犯と呼ぶ理由は、韓国人こそが戦犯だったからでしょう。清からの独立するために、朝鮮兵は旭日旗が翻る中、日本軍と一緒に戦いました。清から自由になると、朝鮮各地で排華運動をおこし、中国人を虐殺しました。連合軍の捕虜に対してひどい扱いをしたのは朝鮮の志願兵でした。ところが、日本が敗戦したとたん、朝鮮進駐軍を名乗り暴行をはじめたのです。もちろん、すべての朝鮮人がそのような行動をしたわけではありませんが、日本を批判できる立場ではないです。
Posted by ななし at 2014年05月21日 16:29
コメントありがとうございます m(_ _)m

そうですね、捕虜への虐待などで、
終戦後、裁判で有罪になり戦争犯罪人となった朝鮮人は
比率で見て日本人より多いような状態でした。

当時、朝鮮人の志願兵は非常に多かった、
将校クラスも居ました。

捏造洗脳教育により本心から韓国は戦勝国と
思いこんでいる韓国人が多いようですが、
(実際に教科書にそう記されているそうです)
そのような無理筋が超長期的に通せるとは考えにくく、
今後、韓国の国家運営上の最大の障害として
立ちふさがることになると思われます・・。

身から出た錆ではあるのですが。。
Posted by 美樹 at 2014年05月21日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。