2013年08月28日

「リベラルな日本人」を怒らせよ

今さらの話題かもしれませんが、日本企業が韓国国内での戦時賠償の訴訟で、敗訴を重ねています。。


戦時中の強制徴用の賠償などを求め、韓国人の元徴用工が韓国で日本企業を訴えた訴訟で、 新日鉄住金や三菱重工業などが相次ぎ敗訴している。
昨年5月、韓国の大法院(最高裁に相当) が徴用工の請求権は今も効力があるとの判断を示したのがきっかけだ。
法的・外交的な解決は容易ではなく、両国のビジネスにも悪影響が出かねない。

■外交上は「解決」
「不当な判決だ」。
新日鉄住金の宗岡正二会長兼最高経営責任者は、7月10日のソウル高裁判決に こう反発した。
日韓の国家間の請求権に関する問題は、戦後の日韓請求権協定2条に 「完全かつ最終的に解決された」とある。日韓両政府もこれを根拠に外交上解決済みという立場だったため、 日本企業の不信感は強い。

当面は高裁判決を受けた韓国大法院の判断がカギになる。
日本企業側の上告が認められ 逆転勝訴になる可能性も残されているが、大法院の判断が覆えるか不透明だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO58296870Z00C13A8EA1000/



すでに、日本政府が新日鉄住金と接触し何らかの対策を講じている、という報道も出ていますが、韓国国内でこういう判決が出てしまうのは面白いことではないものの、日本の保守勢力としては色々と使い道があります。。


上記の記事にもあるように、日本は日韓基本条約において、国家としても個人としても、請求権の問題は完全に解決されています。


さらに、韓国側としても、盧武鉉(ノムヒョン)政権、李明博(イミョンバク)政権ともに、徴用工ついては解決済みとし、慰労金の支払いを行なっています。(調べればわかります)


今さらになって「金をよこせ」というは、どう考えてもおかしな話です。


このような、どう考えて擁護できない卑怯な話は、韓国人がもっとも恐れる「リベラルな日本人」を怒らせることに使えます。
左翼主義者は「不正義な行為」を嫌う傾向あります。


[韓国の大誤算(2013/8/20)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/372540070.html


        *        *        *


私の親戚には、親韓の左翼主義者が多くいますが、その方々に


------------------------------------------------------------
韓国が日本企業に対して、すでに条約で解決された問題について、
「さらに追加で賠償金を払え」という判決をだしたそうです。

条約で解決していたのはもちろんのこと、ノ・ムヒョンさんや、
イ・ミョンバクさんも賠償は不要と言っていたのですが・・。

悲しいです・・・これが韓国のいう友好の答なのですね。
騙された気分です、これでは韓国と信頼を築けそうもありません。。
------------------------------------------------------------


と話したところ、かなり韓国に対して立腹されていました。


上記のように伝えて、もし、
「日本人は悪いことしたのだから金を払うのは当然のことだよ。」
と返答したのであれば、その方は「リベラルな日本人」ではなく、反日スパイの可能性が高いです、疎遠になったほうがよいでしょう。


左翼主義者は、そのレベルにもよりますが、不正義、差別などを嫌います。


我々が動かすべきは、正義を信じる日本人の左翼主義者です。
スパイには何を言っても無駄です。


        *        *        *


保守活動家の皆さんは、自分の意見を大声で語るだけでなく、
(これも重要なことではありますが・・)
韓国が「されると嫌なこと」「韓国が恐れること」をしなけばなりません。


目下、韓国がもっとも恐れるものは、日本人の大多数を占める「リベラルな日本人の怒り」です。


一部の保守層が、怒りはじめただけで日韓関係は軋みはじめています。。
もし、「リベラルな日本人」の大規模な怒りが爆発したとしたら・・・。
日韓関係は急速に終末へと向かうでしょう。
同時に朝日・毎日も壊滅に追い込めます。


保守活動家の皆さんは、全力で「リベラルな日本人」を怒らせる材料を探して下さい。
また、韓国人が「リベラルな日本人」でも怒らざるをえない異常行為をするように誘導して下さい。


具体的には「リベラルな日本人」が嫌う「不正義」「差別」「暴力」「破壊」「暴言」を探して下さい。
そして、全力で「韓国人の不正義」を周知して下さい。
(その際は極端な悪口にならないようにお願い致します<(_ _)>)


        *        *       *


ただ、逆をいえば、保守活動家は、「不正義」「差別」「暴力」「破壊」「暴言」ような要素が絡む発言、行動、活動をしてはいけない、ということになります。


これを行なうと「リベラルな日本人」の怒りは保守勢力に向かってしまいます。
日本はバラバラになってしまいます。


反日勢力と反日スパイの一掃という、大がかりな大事業を成し遂げるためには、何が必要なのでしょうか?


---------------------------------------------------------------------
現代社会においては、大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、その良いイメージを
大衆の心に印象づけることができなければ失敗に終わる。
(宣伝広報学の父・Edward Louis Bernays)
---------------------------------------------------------------------


日本は一つにならなければなりません。
そうしなければ敵と闘うことすらできません・・。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。