2013年08月14日

在日韓国人が韓国を口撃

在日韓国人の皆さんが、何か語っておられます。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
生野コリアタウンの在日コリアンは痛烈に批判する。
 生野区の自営業の男性(36)は韓国の報道を受け「いかにメディアの報道とはいえ、一民間企業の意見に過ぎない。そんなものに左右されることはない」とした上で、「韓国は『日本に構ってほしい』という不治の病にかかっている。大多数の韓国人は日本の右傾化など心配していない」と切り捨てた。
===中略===

憲法改正の発議要件を定めた96条の改正に取り組む姿勢をみせている。
 こうした安倍首相の姿勢に対し、韓国メディアは政権発足以来反発してきた。しかし、在日コリアンは「自分の国を守る軍隊なんてどこの国も持っている。当たり前の組織じゃないか」と冷ややかだ。
===中略===

 生野区の自営業の男性は「内政への自国民の不満をそらすために反日感情をあおっているが、そろそろ取り返しのつかないことになる」と警告も発する。「韓国政府は『どれだけ理不尽な言いがかりをつけても日本は怒らない』と思っているが、安倍さんはそんな人ではない。日本がいないと韓国は経済的にやっていけないのに…」とまゆをひそめた。
===中略===

 同区の飲食店経営の女性は「もし日本が韓国を切り捨てて、ほかのアジア諸国と連携してやっていくという話になったらどうするのか」と憤りをみせ、「これまで韓国のめちゃくちゃな言い分を聞いてきた日本の駄目な政治家にも原因はあるが、最近の韓国メディアは調子に乗りすぎ。両国には仲良く発展して世界をリードしてほしいのに…」と語った。


在日コリアン痛烈批判「反日いい加減にしろ」「韓国は日本に構ってほしい病」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130805/wlf13080507000001-n1.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


これを、日本側に擦り寄る動きとして紹介しているブログがいくつかありますが・・・実際そうでしょうね・・。
日本についた方がお徳に決まっています。


正直、私達としては、こういうことをやってもらうと困るのですよね。
友好を演じて近づいてくる人間に、日本人は非常に弱い。
戦争、原爆を経験した日本は「平和」「友好」「慈愛」に弱いのです・・。


在日韓国人の皆さんには、いつまでも、“日の丸”にウンコを描いて振っていてもらわなければなりません。


『日本政府は我々の祖先を強制連行し蹂躙・拷問した!!』
と言っていてもわらなければなりません。


幸いなことに動画や書籍等の資料は、未来永劫、残り続けますので使わせていただきましょう。






「ウンコ型“日の丸”」は、未来永劫、インターネット上で再生し続けられることでしょう。
在日韓国人の皆さんは残念ながら戦略を誤ってしまったようです。


ただ、逆に考えてみますと、このような“まぬけ”な行為を保守活動家はやってはいけないことに気がつきます。
このような行為は、自らの立場を危うくさせます。
これは、誤った戦略です。


しかし、“まぬけ”なことをやっている方々が保守活動家の中に少数ながらいるようです・・。


---------------------------------------------------------------------
現代社会においては、大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、その良いイメージを
大衆の心に印象づけることができなければ失敗に終わる。
(宣伝広報学の父・Edward Louis Bernays)
---------------------------------------------------------------------


もし、竹島を奪還したいのであれば、竹島奪還を本気で考えている人を増やし、竹島奪還を本気で考えている候補者を選挙で擁立し、竹島奪還を本気で考えている人を投票に行かせ、竹島奪還を本気で考えている議員を国政・行政へ送り出さなければなりません。


もし、日本と韓国の国交を断絶したいのであれば、日韓断交を本気で考えている人を増やし、日韓断交を本気で考えている候補者を選挙で擁立し、日韓断交を本気で考えている人を投票に行かせ、日韓断交を本気で考えている議員を国政・行政へ送り出さなければなりません。


「韓国人を射殺しろ!!」と叫び、町を練り歩いたとしても、現実に「竹島奪還」は行われません。


「日韓断交!!」と叫び、町を練り歩いたとしても、現実に「日韓断交」は行われません。


「日韓断交!!」と叫ぶことと、現実に“日韓断交が行われること”には、直接的な関係が無いからです。


何か活動をする時は「何の為に、それを行っているのか?」をよくよく考えなければなりません。
目標達成に対して害になる活動をしてはいけないのです。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 在日韓国人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。