2013年08月09日

旭日旗を使えば中国は開戦する

サッカーの一件から旭日旗関係のニュースをよく目にします。


中国人の方々の旭日旗に対する反応がニュースになっていましたので、一部引用してみます。。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国でも旭日旗に対する過敏な反応が見られるかと思いきや、中国のネットユーザーからは意外にも「日の丸よりもずっとカッコいいじゃん」、「旭日旗は日の丸より見た目が良い」、「審美観という点から言えば旭日旗のほうが良いね」、「この旗、なかなか良いじゃん」など、デザインを評価するコメントが多く寄せられた。

 もちろん反日的なユーザーも存在し、「胸糞悪くなる日本め!」という感情的なコメントや、「日本が旭日旗を立てるなら、中国はただちに戦争を仕掛ける。これは戦争するに十分な理由だ」という意見があったが、後者の意見には失笑せざるを得ない。

 また、「これは始まりに過ぎない」、「オレの生きているうちに戦争が起きる予感がする」など、これを機に軍国主義が復活して戦争に至るとの見方も少なからず寄せられた。

 ほかには、「米国はどう見ているのだろうか」という疑問が寄せられたが、そもそもナチスのハーケンクロイツなどと異なり、旭日旗は軍事的な思想を持つ旗ではないため、米国は特に反応を示していない。

 一方で「オレ達の国旗も変えたほうが良くね?」という意見まであったが、これは共産党による統治を否定しているということなのだろうか。


[日本が旭日旗を立てるなら、中国はただちに戦争を仕掛ける]
http://news.livedoor.com/article/detail/7932739/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


韓国と比べて、割と寛容なようですが一部には過激な声もありますね。(^^;
(中国人の方ではないのかもしれませんが)


日本政府が、どう動くか注目です。。


ご存じのとおり、旭日旗は二次大戦のずっと前、1800年代後半から使われている軍旗であり、ナチス党の党章であったハーケンクロイツとは異なり、特定の思想やメッセージ性を持つシンボルではありません。
二次大戦中にドイツ軍旗のデザインに使われた鉄十字は、現在も普通に使われています。


太陽・旭光を意味する旭日旗は、古来より“おめでたい物”として大漁旗にもデザインされ、現在でも応援旗などとして親しまれています。


何より連合国が使用を許可しており、現在も自衛隊の隊旗として使われています。
論理的には日常的に使用してかまいません。
ただ、人間は論理だけでは測れない感情の生き物ですので、なかなか難しい場面もでてきます。


韓国ほどではないですが、中国でも旭日旗に嫌悪感を持つ人は多くいますし、実は、アジア全域にも、それなりにいると思われます。


-----------------------------------------------------------
下記URLでは、旭日旗をデザインのモチーフとしたユニフォームに
中国人のサポーターの大半が拒否反応を示した、とあります。

[旭日旗をモチーフにしたユニフォーム?中国人の感想]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0804&f=national_0804_014.shtml
-----------------------------------------------------------


正直、二次大戦について「日本の謝罪が足りない」と考えている人はアジア全域にそれなりにいます、中韓ほどではありませんが・・。
(私も絡まれたことがあります。 まぁ、ゼロになるということは当然ないわけですが)
旭日旗について複雑な感情を持つ方も多くいることでしょう。


正直に書いてしまいますが、日本人にも旭日旗を嫌っている人は多くいます。
これは、地域によって異なるようですが・・。
戦時中に嫌でも目にしましたからね。


私の父は、旭日旗を非常に嫌っていました。
まあ、私の父は戦後教育を受けた世代ですので・・・「それなら当然」と思われる方もおられるかもしれませんが、戦前生まれの私の祖父母(父方)も非常に嫌っていました。(母方は比較的好きだったようですが)


日本人でも嫌う人がいますので、海外にはもっといることでしょう。


各国の何らかの承認のようなものが得られれば、色々とおもしろいことにも使える気もしますが、『過去に許可を得ているのだから使って当然』という態度でいると、誤った流れになるかもしれません。


カギは中国でしょう。
中国が動けば旭日旗が潰される可能性は飛躍的に高まります。
これは外交カードとして使える可能性もあります、歴史カードでは韓国と足並みをそろえたいでしょうし。
韓国の報道でも中国に援護を求める動きが出ています。


[旭日旗と横断幕を巡り口論…中国では韓国擁護の声]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0802&f=national_0802_027.shtml


ただ、許可は得ていますし、今さら言い出すのも変なことですので事態を複雑にするのを嫌い、無視することも十分考えられます。
話を大きくするならば、アメリカに直接「旭日旗の使用許可を取り消せ!」と言わなければならない可能性も出てきますし、旭日旗が理由で中国国内で、またデモが頻発するようになったとしたら・・・面倒には違いありません。


正直、保守活動家は、旭日旗の件については、今は静観した方がよいと思います。
日本政府が、どういう見解を出すのかまだわかりませんが、変な流れになると、中国が動き、他国もそれに呼応する可能性もあると思います。
今の台湾のトップは「日本人は65万人の台湾人を虐殺した」と公言している人物です。
台湾も動く可能性があります、中国、台湾、シンガポール・・・他のアジアの国々からも何らかのアクションがおこる可能性があります。


[台湾が反日になる日(2013/7/30)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/370666685.html


さらに、何の関係もない欧米圏からも「人が嫌がることをするべきではない」という論理で、韓国に同調する動きもでてくるかもしれません。
連合国側としては、日本はいつまでも悪者でいてもらわなければなりませんし・・。


政府が「旭日旗は問題ない」という声明をだしたならば、アジア各国でのある程度のヒアリングか、根回しか、何らかの措置が完了したと見ることもできるかもしれませんが、正直、日本の外交力は落ちています。
政府見解が、おかしな流れを作らなければいいですが・・。


保守勢力は、今は慌てず騒がず静観したほうが良いように思います。
「韓国の言いなりになるのが嫌だから旭日旗は振ったほうがいい」という論理で動きますと悪手を打つ可能性があります。
中韓を除く国々が、次々と呼応し、さらには国内からも不満がでれば、日本は敗北せざるを得ないでしょう。


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭日旗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。