2013年08月08日

「人種差別禁止法」を制定せよ

「宮崎日日新聞」さんが、ヘイトスピーチの蔓延を受けて「人種差別禁止法」の制定を呼びかけておられます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本政府は人種差別撤廃委員会への今年1月の報告書で次のように書いている。

 「処罰立法措置を取ることを検討しなければならないほど、現在の日本が人種差別思想の流布や扇動が行われている状況とは考えていない」 だが、憎悪発言がインターネット上にもあふれている現状を思うと、残念ながらこの認識は一時代前のようにも思える。

 脅迫、威力業務妨害など既存の罪による処罰が十分に行われていない状況も考えれば、「人種差別禁止法」の制定を検討すべきだ。法の下の平等を定めた憲法14条が禁じる人種による差別は何かを具体的に法で定義する必要がある。

 直ちに処罰を設けるかどうかは慎重に考えたいが、禁止法があれば人種差別デモを実質的に規制することが可能になるし、損害賠償など民事訴訟の根拠にもなる。

[「人種差別禁止法」の制定を検討すべき]
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=54922&catid=15&blogid=5&blogid=5&catid=15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このニュースの問題点は、


「インターネット上での発言について触れている」
「表現はどうであればデモの規制を視野に入れている」
「ヘイトスピーチという単語を使わず法規制をしようとしている」
「民事訴訟における争点に言及している」


以上の4点です。
宮崎日日新聞さんは、現状の法律で封殺は無理なので新しく法律をつくり潰しましょう、と言っておれます。


正直、少し考えなければなりません。
このような「小さな規制」から「大きな規制」に進む、というのはよくあることです。
もしデモ自体ができなくなったとしたら・・。
「ありえないw」と思うでしょうか?
たしかに「ありえない」かもしれませんが、そもそも、こういう議論が出てきてしまうこと自体、一手負けているのです。


「ありえる」「ありえない」関係なしに、そもそも、なぜ不利になるかもしれない議論をしなければならないでしょうか?
議論自体無ければそれで“終り”の話です。


宮崎日日新聞さんが、インターネットについて触れている点もポイントです。
この手の法律というのは、曖昧に作られることも多く、いかようにも解釈できてしまうことがあります。


日本は判例主義の国ですので判例を積み重ね規制されていくのでしょうが、インターネット上の活動にも何らかの制限が加わるような事態になるとしたら・・・悪夢としかいいようがありません。。


「人種差別禁止法」というフレーズも絶妙です。
「人種差別は無いほうがいいよね?」と言われて「あったほうが日本の為に良い」などと言える人間はまずいません。
少なくとも公けに言えるわけがありません。。
「人種差別禁止法」を、いよいよ制定するとなれば賛成するしかありません。


また民事による訴訟が可能になるとしたら・・。
裁判とは、やってみるとわかりますが、本当に、長く、辛く、お金がかかり、疲れるものなのです。
仮にそれに勝ったとしても、私達の活動に、大してプラスに働くわけでもありません。


民訴で訴えられました・・・最高裁までいきました・・・10年裁判しました・・・勝ちました!


それで竹島が返ってくるのでしょうか?
擁立した候補者が当選するでしょうか?
日本にいる反日スパイを一掃できますでしょうか?


なんで“まわり道”をしなければならないのでしょうか?
なぜ、無駄な戦いに貴重な戦力(労力と時間とお金)を割かねばならないのでしょうか?
戦力は分散せず、敵に急所に集中するべきです。


自らが不利になるかもしれない議論がおこる活動をするのは、正直、“まぬけ”な行動だと思います。


---------------------------------------------------------------------
現代社会においては、大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、その良いイメージを
大衆の心に印象づけることができなければ失敗に終わる。
(宣伝広報学の父・Edward Louis Bernays)
---------------------------------------------------------------------


もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。