2013年08月05日

韓国の反日感情は「幸い」

韓国が内閣府の「竹島の世論調査」について、
在韓日本大使館の外交官を呼び出してまで抗議したようです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 内閣府が島根県・竹島(韓国名・独島)に関する特別世論調査結果を1日に公表したことに対し韓国外務省は2日、在韓日本大使館の船越健裕公使を呼び抗議した。同時に「再び挑発的行動を取ったことに厳重抗議し、こうした行為の即刻中断を強く求める」とする報道官論評を発表した。

 船越公使への抗議は、東北アジア局の李相徳審議官が行った。論評は「日本政府が独島に対する、でたらめな主張を続け、一部の政治指導者が傲慢な言動と誤った歴史認識を繰り返し示している」と指摘。「こうした言動は韓日関係の未来志向の発展や北東アジアの調和にも深刻な障害となる」と強調した。


[韓国、竹島の世論調査に抗議 日本公使呼び「挑発行為の即時中断を」]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130802/kor13080213300004-n1.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


世論調査をしただけでこの慌てぶり、正直、これはおいしいです(^^;
よほど、竹島については話題にしたくないみたいですね。
まあ、ことがおおやけになってしまえば韓国側に勝ち目はありません。
独立後の自国の教科書に「竹島は韓国領外」と記されているほどですから。


[韓国の教科書に「竹島は韓国領外」と明記(2013/7/31)]
http://3gensoku.seesaa.net/article/370756616.html


何かの拍子に世界的な注目があつまれば・・・韓国としては致命傷になりかねません。


中国ならばともかく、日本が韓国と疎遠になっても、日本側には大して損害はありません。
韓国側にはあるかもしれませんが・・。
そもそも、日本の保守勢力は韓国とは国交断絶したい方が多いと思います。
しかし、現実問題、日本側からはそれを行うのは難しいところがあります。


可能性があるとすれば、韓国側が冷静さを失い錯乱状態に陥り一方的に断交を行うか、反日洗脳教育をうけた世論に押し切られる形で断交に進むか・・・これぐらいしか現実的なシナリオは想定しにくいでしょう。


私達としては、韓国が日本を嫌ってくれればくれるほど好都合です。
逆に、もし親日のそぶりを見せはじめたら・・・これは厄介です。
(これができたら正直頭がいいです、私達としては手が打ちにくいです)
韓国の強い反日感情は私達には幸いと言わざるを得ません。


韓国人の反日感情を根底におく非論理的な行動は、あらゆる目標を達成不能にする「悪いイメージ」を受け付けるのに効果を発揮します。
また、韓国のイメージが著しく悪化すれば、政府内で反日スパイが工作したとしても大衆の同意が得られず韓国への援助・譲歩は困難になります。


---------------------------------------------------------------------
現代社会においては、大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、その良いイメージを
大衆の心に印象づけることができなければ失敗に終わる。
(宣伝広報学の父・Edward Louis Bernays)
---------------------------------------------------------------------


もっともっと竹島には触れましょう(^^;
政府には、もっともっと竹島について挑発行為(ではないのですが・・本当は)を行ってほしいものです。
韓国が反日になればなるほど私達には有利にはこびます。


日本国旗を燃やし、「KILL JAP!!」と絶叫し、日本料理店は破壊され、生きた家畜に火をつけ、生きた動物を虐殺し、その血を振り撒く・・。
その様子が世界中に報道される、そして日本でも報道される・・。
そのたびに、私達への同調者は増え、日本は一つになります、私達は目標達成に近づきます。


逆を言えば、私達は、自らが不利になるような上記のような“間抜け”な行為をしてはいけません。
「朝鮮人をガス室へ送れ!」とか「朝鮮人を射殺しろ!」とか言っている場合ではないのです。
私達の「未来の同調者」を減らしてはいけません。
あくまで冷静に、静かに、たんたんと、紳士的に、韓国が、嫌で、嫌で、たまらないことをしましょう。(^^;


色々なやり方があると思いますが、韓国は「日本の妄言」という単語が好きなようですので、韓国人が妄言と思っている歴史的事実を世界に向けて発信するとよいでしょう。
あくまで、紳士的に、友好的に・・。
その度に、国旗は燃やされ、建築物は破壊され、家畜の血がばらまかれるでしょう。




ところで、日韓基本条約により日本は国家賠償から個人補償まで「最終的かつ完全に」解決しています。(協定第二条1)
しかし、韓国政府はこの付随協約を隠蔽、2005年に公開します。
このようなことがあったため、日韓の国民の対立は大きなものとなりました。
事実を知った韓国の皆さんの落胆はお察しいたします。
韓国政府から補償を勝ち取って下さい、私達も協力いたします。

しかし、韓国政府は、いらぬ誤解をまねく隠蔽工作をした結果、いわれなき批判にさらされ不当な糾弾を受けた日本国民には謝罪しないのでしょうか?
日本国民を非難した韓国メディアは、自らの過ちをみとめて謝罪しないのでしょうか?
あれだけ「日本は補償していない!」と叫んだのです、私達が受けた精神的苦痛に対して公式に謝罪して欲しいのですが・・。
長い歴史をもつ誇り高き韓国民族なら、当然できるはずです・・・世界でもっとも礼儀正しい高潔な民族なのですから。。




韓国には、もっと非論理的な、理解不能な、世界中の誰もが肯定できない異常な行動をとってもらわなければなりません。
韓国には、もっともっと反日になってもらわなければなりません。



もしよろしければ・・―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ





posted by K_美樹 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島不法占拠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。