2014年07月30日

また暑くなってきましたね。。

また暑くなってきましたね・・。
病人にはきついです(+_+)


といっても、寒いと寒いでまた辛いですのですけどね(^^;


8月に入って、さらに暑さは増すのでしょう。。
お気をつけください。


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


以下、韓国主要マスコミ報道ピックアップ
(日本側に不利な物も載せることがあります)


<芸能>少女時代 日本ベストアルバムがオリコン1位
――これが本当ならば、まだそこそこ人気があるのですね。。――


公明党の新人議員5人きょう来韓 国会議員らと会談
――公明党が金と情報を提供しに行ったようです・・・与党に入り込んでいる公明党もなんとかしないといけませんね。。――


韓国・蔚山市東区トップが備前市訪問 交流など協議
――記事を読んでみますと次のようにあります。「友好協力都市協定の締結も推進する予定」・・・阻止しなければなりません――


大分県の高校生 韓国・忠清南道で友好深める
――こういうのもう止めて欲しいのですけどね・・・「大分県教育委員会」が学生を派遣しているとのことです――


「AIPACのような米国内の韓国人団体作る」
――韓国が米国にAIPAC(ユダヤ系ロビー団体)をモデルにしたロビー団体を作るとのことです、理由は反日の為です、明言されています。関連政治家を記録しておきます。ロバート・メネンデズ外交委院長(民主党)、下院のエド・ロイス外交委院長(共和党)、マイク・ホンダ下院議員(民主党)、マーク・ベギッチ上院議員(民主党)――


女優ユン・ポクヒ「慰安婦を踏みにじった蛮行に、私も震えた」
――『ユン氏は日本軍の将校スズキ役を演じた。「慰安婦にあまりにも残忍だった日本軍の様子に、同じ人間として恥辱を感じて日本軍司令官を殺す人物です』・・・慰安婦らが映画を鑑賞する様子、お金を稼いで帰国する様子を記した管理人日記が韓国側から出ているというのに。。――


【コラム】朴政権第2期経済チームの道と新しい地図
――『韓国経済の成長公式を企業・輸出中心から家計・内需中心に変えるという発想の転換だ。従来の地図に出ていた道とは反対方向に行くということだ』・・・これができたらすごいですが。。 ――


韓国軍:「A級要注意兵士」の自殺相次ぐ
――韓国軍でまた自殺です。なんとも自殺が多い軍ですね。。――


北朝鮮ミグ19戦闘機 今年3機墜落=老朽化原因か
――ろ・・・老朽化?、戦えるのでしょうか。。――


米国務省、日本の集団自衛権に対して韓国に協力要請
――米国が集団自衛権に対して韓国に協力要請をしたそうです。パククネさんとしては受け入れがたいでしょうけれど・・・どうなるでしょう、支持率も落ちていますし日本に嫌がらせをしなければ政権維持も大変でしょう――


前米下院議員 「朴槿恵政権は反民主的」
――米国の前議員がパククネさんを批判しております。現在、パククネさんの不支持率は50%・・・内からも外からも大変な状況のようです――


IMF 「韓国の為替介入は最小限にすべき」
――またIMF(国際通貨基金)から叱られております。まぁ、何度も警告されているのですけどね――


韓国総合株価指数 連日最高値更新
――たしかにここのところ急騰しています。なんでしょう・・・記事では外国人投資家が買っているとのことですが(したいようですが)――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

韓国のデモでは竹槍で刺される

昨日、いくつか韓国メディアの報道を記録しましたが、その中に、「大国を夢見る韓国人がまずやるべきこと」という朝鮮日報の記事がありました。
おもしろいと思いましたの一部抜粋してみます。


(前略)英国の歴史は「異種交配」という言葉で要約できるだろう。例えば王室を見ると、ドイツ、デンマーク、フランス、オランダなどさまざまな国や民族の血が混じっている。「太陽が沈まない帝国」という言葉は、英国が数々の人種や言語、歴史を抱える巨大な溶鉱炉でもあることを意味しているのだ。

 異質のものが混じり合うときに、その中でいかにして秩序を確立するのだろうか。ヒントは日常の小さなことにある。例えば駐車場に行けば、料金を入れる機械に「1時間に○○ポンド」と表示されているが、重要なのはその後だ。「領収証を提示しない場合や、必要な料金を支払わない場合には罰金100ポンド(約1万7000円)」と明記されているのだ。これは独身であれば半月分の食費に相当する額だ。このように、よく見るとぞっとするような文言は、英国ではさまざまな場所で見られる。

 英国の警察や公務員は思ったほど威圧的ではない。威圧的な態度よりも、笑いながら法律を執行することの方が本当に恐ろしいことだと知っているのだ。韓国でよく見られるように罰金の支払いを命じられると担当公務員の胸ぐらをつかみ、デモの現場で竹やりを持って機動隊員を突き刺そうとするような人間は、少なくとも英国では見られない。

 道路交通法違反、違法な集会やデモ、隣人に迷惑を掛ける行為、公権力に対する挑戦。これらは英国では全て金で計算され後から請求される。最初は抵抗し抗議もしてみるが、しばらくすると何の意味もないことに気付く。要するに結論は「秩序を守らねばならない」ということだ。

 記者は「徹底した法律の執行」こそ、大韓民国再建のための2番目の条件だと考える。「国家を尊重すること」と「法秩序の回復」というこの二つをしっかりと守るだけで、「物事の決まりごとを軽視する成り金民族」という他国が持つイメージから脱却できるはずだ。

[【コラム】大国を夢見る韓国人がまずやるべきこと]
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/07/26/2014072600789.html


この記事は、ようするに「韓国人の皆さん、法律を守りましょう」ということを言っています。


裏をかえせば韓国では法律が守られていないのでしょう。
親日韓国人ブロガー シンシアリーさんも「韓国では法律が機能していない」と明言されていましたね。


しかし、以下の部分はちょっと笑ってしまいました(^^;


>韓国でよく見られるように、
>罰金の支払いを命じられると担当公務員の胸ぐらをつかみ、
デモの現場で竹やりを持って機動隊員を突き刺そう
>とするような人間は、少なくとも英国では見られない。


韓国のデモでは、竹槍で突き刺されるとのことです(^^;
英国と対比されていますが、英国に限らず近代国家においては、そういうことが起こることは、あまり(ほとんど?)無いのではないかと思います。。





・・・・・・当初ここまでで終わりの記事だったのですが、、、日本でもあったようです。。





ヘイトスピーチデモに参加していた男が、神奈川県JR川崎駅のホームにいた一般の男性会社員を模造刀で切りつけて傷害を負わせたという事件が発生。

逮捕された男は、川崎駅近くで行われていた40人規模のヘイトスピーチ・外国人排斥デモ(反日糾弾in川崎 皇紀2673年)に参加した直後だった模様。被害者の男性は、アンチヘイト団体(プラカ隊やしばき隊?)のビラを受け取ってホームのゴミ箱に捨てた直後に被害にあったんだとか…

[川崎駅でヘイトスピーチネトウヨが模造刀で通行人を襲い逮捕される。]
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/426.html


日本のデモでは模擬刀で一般人が切りつけられたそうです・・・。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

韓国関連のニュースを記録していきます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、コメントくださった方、どうもありがとうございます。
現在、体調が思わしくなく、すべての方にレスを返すことができない状態です。
コメントも開放もしておりません(よほど体調が良い場合は返信していますが)。
この場にて、お礼申し上げます m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


病状はまったく好転していませんが、本日より、気になった韓国関連のニュース(ネガティブな物も含む)を記録していこうと思います。


以前よりブログ更新のために、毎日、韓国三大新聞および主要通信社のニュースをすべて見ていたのですが、せっかく読んでいますのでこのブログに資料として記録しておこうと思います。
今後、なんらかの長文記事を更新することができるようになった場合、記録が残っていれば資料として使えますので。。
ニュースを記録し簡単なコメントを寄せるだけならば病室からでもできると考えました。


一日おきに更新していくつもりです。
日本にとってネガティブなニュースも載せるかもしれません、このサイトは“そういう”サイトでは無いですので(^^;


にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ


日系企業 韓国の消費者金融市場に続き貯蓄銀行へも進出
――日本の金融機関が韓国での業務を拡大しているようです・・・もう関わらないで欲しいのですが。。――


徴兵で詳しい精神疾患検査導入へ 乱射事件受け=韓国
――兵役前に総合心理検査を実施するそうです、一人あたり8時間とのこと――


乱射事件の部隊で兵士が自殺 トイレで首つり=韓国
――同じ部隊で、今度は自殺とのことです。韓国軍も話題にことかきませんね――


北朝鮮の潜水艦保有隻数は78隻 米国上回り世界トップ
――やたらと潜水艦を持っているようです。米国・中国より多いとは。。――


超少子化続けば2100年に高齢者5割=韓国
――超少子化が進んでいるようです。出生率が1.19とは日本より低いですね(日本は1.43)――


内乱陰謀 二審も国会議員に懲役20年求刑=韓国検察
――日本に攻め込む準備をしていたとされる韓国の国会議員イ・ソッキさんのニュースですね。このサイトでも何回か記事にしたことがあります――


BIGBANGが海外アーティスト初の2年連続日本5大ドームツアー
――前回は『6都市16回公演で77万1000人の観客を動員〜〜』とあります、今回は『53万6000人の観客を動員する予定』とあります。これが本当ならば人気あるのですね。。 ――


「韓日首脳間に舛添氏という対話チャンネル構築したのは成果」
――記事には次のようにあります。『福岡県若松市議会議員に出馬した父親弥次郎氏が広報チラシにハングルの名前を併記し、当時福岡に住んでいた韓国人の人権改善を公約として提示した」と説明して父親の広報チラシ写真を見せ、代を継いだ韓国との親密な関係を強調』、父親の代からですか・・・――


韓中を避け42カ国歴訪、安倍首相の「ドーナツ外交」
――『肝心の隣国を避けて外国を訪問しているため「ドーナツ外交」との批判も出ている』・・・?――


「韓国は日本のような長期不況に陥る恐れも」
――韓国国内からも危機感が出てきましたね。今まで煽っていたのは主に日本側でしたが――


【コラム】平昌五輪組織委を信じていないIOC
――『IOC委員は「これまで平昌を何度か訪問したが、何も変わっていない。もう平昌組織委の言葉は信じられない」と非常に激しくののしられたという』、全文読むとわかりますが、結構、自虐的な記事です。そして相当にマズい状態のようです――


【コラム】大国を夢見る韓国人がまずやるべきこと
――『韓国でよく見られるように、罰金の支払いを命じられると担当公務員の胸ぐらをつかみ、デモの現場で竹やりを持って機動隊員を突き刺そうとするような人間は、少なくとも英国では見られない』・・・もちろん日本でも見られません――


進む財閥偏重 10大グループの現金性資産急増=韓国
――韓国の財閥偏重は進むばかり・・・ちなみにその財閥も結構破綻しているのですよね。何度か記事にした記憶があります――


【コラム】習近平氏がソウルで見せた笑顔
――『中国の習近平国家主席は18日、アルゼンチンのクリスティーナ・フェルナンデス大統領に会い「(南大西洋上の)フォークランド諸島(スペイン語名:マルビナス諸島)の主権を要求するアルゼンチンを支持する」と述べた。アルゼンチンとイギリスが200年以上にわたり領有権争いを繰り広げているフォークランド問題で、はっきりとアルゼンチンの肩を持ったのだ』・・・イギリスは舐められるばかり、そして中国の考えもわかります。ちなみにフォークランド紛争において英国は国連安保理の支持を受けていました、、、まぁ中国らしいですが――


朴大統領‘否定評価’ 50%…就任以来‘最高’
――なんと、、、選挙の女王・外交の天才とも言われたパククネさんの不支持率が50%になってしまいました。ちなみに支持率は40%とのことです――


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

国連・法務大臣・都知事・市長「ヘイトスピーチを規制せよ」

病状はまったく回復していませんが、最近、気になるニュースが立て続けに出ていますので記録しておきます。
今後、記事を書く際の資料として使うかもしれませんので。。


また、前回の記事に励ましのコメントを下さった皆さま、どうもありがとうございました m(_ _)m
懐かしい名前もあり感慨深かったです。
本当はすべての方にレスをしたかったのですが、名前を出さない方がいい感じの方もいらっしゃいましたので、この場にてお礼申し上げます m(_ _)m


*        *        *


国連がヘイトスピーチの法規制を勧告しました。


 【ジュネーブ時事】拷問禁止、表現の自由などに関する国連人権規約委員会は24日、日本政府に対し、ヘイトスピーチ(憎悪表現)など、人種や国籍差別を助長する街宣活動を禁じ、犯罪者を処罰するよう勧告した。また、旧日本軍の従軍慰安婦問題についても、「国家責任」を認めるよう明記した。

 規約委は勧告となる「最終見解」の中で、ヘイトスピーチや「Japanese only」の表示など、外国人への差別をあおる行為が広がっているとして問題視。差別される側が「刑法、民法で十分に保護されていない」と懸念を示した。

 その上で、「差別や暴力を誘う人種的優位や憎悪を助長するプロパガンダをすべて禁止すべきだ」と提言。日本政府に対し、犯罪者を処罰するルールを整備するよう促した。

 一方、従軍慰安婦問題に関しては、元慰安婦への人権侵害が続いており、教科書への十分な記述を含めた教育の重要性を指摘。「公式謝罪、国家責任を公式に認めること」を求めた。

 このほか、死刑確定後に再審が認められ釈放された袴田巌さんの事例を踏まえ、死刑制度の廃止検討を盛り込んだ。また特定秘密保護法の厳格な運用も勧告した。

 規約委の対日審査は15、16両日、ジュネーブの国連欧州本部で約6年ぶりに行われた。勧告の解釈は各批准国に委ねられ、法的拘束力はない。 

[ヘイトスピーチ処罰を=慰安婦問題、国家責任認めよ―国連対日勧告]
http://news.nicovideo.jp/watch/nw1164396


谷垣法務大臣がヘイトスピーチに関して対策の必要性を述べておられます。


(前略)
●「ヘイトスピーチは許されることではない」

質疑応答で、外国人記者から「(外国人を呼びこむということだが)ヘイトスピーチ問題について、法的な取り締まりはどうするのか?」という質問が出ると、谷垣大臣は次のように答えた。

「ヘイトスピーチに関しては、たいへん恥ずかしいことだと思っております。

日本人はもっとおおらかな自信を持たなければいけない。自身に対するおおらかな自信をもつことができなくなっている。私はたいへん残念なことだと思っています。

これに関してはもちろん、いろいろな啓発活動をすることが大事です。

こういうことは許されることではない。政府として、閣僚として、政治家としても、あらゆる機会をとらえて発言していく必要があると思います」

●「京都」で起きた事件の判決に言及

「法的措置につきましては、私は京都出身ですが、京都におけるヘイトスピーチ活動について、裁判所は第1審・第2審ともに、その違法性を認めた判決を出しました。

しかし、取締法規ということになりますと、場合によると、言論の自由や表現の自由との関係がないわけではありません。それをどういう立法にしていくかは、相当注意を払わなければいけないと思います。

裁判所があのような判断を示しています。法務大臣は判決が適切かどうかについて論評をしないことになっていますが、ああいう判決が出されていることについては、十分に考慮して、いろんな対策を考える必要があると思います」

なお、谷垣大臣が言及した、京都の朝鮮学校付近での街宣活動の違法性が争われた訴訟については、街宣活動を行った団体が17日、最高裁に上告している。

[谷垣法相「ヘイトスピーチは許されることではない」「京都判決を考慮して対策考える」]
http://www.bengo4.com/topics/1807/


舛添東京都知事がヘイトスピーチの法規制を訴えています。


 ヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)について、舛添要一都知事が18日の会見で「基本的人権に対する挑戦だ」と批判した。条例などによる規制については、表現の自由を踏まえ「都知事が憲法解釈を決めるべきでない」と慎重な姿勢を示し、国会での立法の必要性を指摘した。

 ヘイトスピーチは在日韓国・朝鮮人などへの憎しみをあおる街頭活動。「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らが、新大久保(新宿区)など全国各地で繰り広げている。

[ヘイトスピーチ「基本的人権に対する挑戦だ」 舛添知事]
http://www.asahi.com/articles/ASG7L5WGPG7LUTIL04V.html


橋下大阪市長がヘイトスピーチに対して対策を表明しております。


 差別的表現で在日韓国・朝鮮人らを攻撃するヘイトスピーチに対し、大阪市の橋下徹市長は10日の定例記者会見で、対策を講じる考えを明らかにした。橋下氏は「やり過ぎで問題だ。言葉が表現の自由をこえている」と指摘。担当部局に検討を指示したという。

 橋下氏は「表現の自由もあり、スピーチ自体の制限や罰則は難しい」としたうえで、「発言内容を証拠保全し、表現について第三者委員会で議論し、結果を公表する」という腹案を披露。「被害者がそれを活用して裁判に訴えるとか、道路使用許可の一つの判断材料にするとかならできるのでは」との考えを示した。

 さらに「学校に行くぐらいだったら市役所前でやってもらい、僕が直接対応する」とも述べ、必要ならヘイトスピーチを行う団体側と面会する意向も示した。

 ヘイトスピーチに関しては、大阪高裁が8日に京都朝鮮第一初級学校周辺での演説を人種差別と判断し、高額賠償を命じるなど、各地で問題化している。

[「ヘイトスピーチ、やり過ぎで問題」橋下市長が対策指示]
http://www.asahi.com/articles/ASG7B5T81G7BPTIL01D.html


さて・・・このような記事を流している私にまた制裁があるのかな?
また「効いている証拠だ、もっとやるべき!」と送ってくるのでしょうか?


逆に運動が統制を強めるという結果をもたらす場合もある。

特に過激で非合法な戦術を運動組織がとった場合に、こうした統制の強化は生じやすい。

そして、その統制強化は単に過激な戦術をとる運動に適用されるだけではなく、

穏健な戦術をとる運動にまで拡大して適用され、社会運動全体を停滞させる。(関西大学社会学部教授,片桐 新自)


実は法律がどうこうという話ではないのですよね。。
書けるのは今はここまでです・・。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。