2014年05月31日

“何もしなかった独立軍”を記念する石碑を設置

韓国政府が、“何もしなかった”朝鮮独立戦線「韓国光復軍」の功績を讃える石碑を設置したそうです。


【西安聯合ニュース】日本による植民地時代に中国で創設された大韓民国臨時政府の「光復軍」を記念する石碑が中国の陝西省西安市に完成し、29日に除幕式が行われた。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が昨年6月に西安を訪れ陝西省の趙正永党委員会書記らと会談した際、石碑の設置を要請した。石碑は1942年に光復軍第2支隊が駐留していた西安市長安区の杜曲鎭に建てられた。

 除幕式には陝西省の王莉霞副省長や中国外務省アジア局の責任者ら政府関係者が出席した。韓国からは国家報勲処の朴勝椿(パク・スンチュン)処長、全哉垣(チョン・ジェウォン)在西安韓国総領事をはじめ、独立有功者とその遺族らがつくる光復会の関係者、光復軍第2支隊出身の韓国光復軍同志会会長らが出席した。中国政府は両国政府の協力で同事業が推進されたことを踏まえ、韓国から多数の関係者を招いたとされる。

 石碑は記念施設である公園内に設置された。高さ1.8メートル、幅1.1メートルで、石碑前面に金色の文字で「韓国光復軍第2支隊駐屯地跡 1942年−1945年」と中国語で刻まれている。裏面には「韓中国民がともに日本の帝国主義の侵略と圧迫に立ち向かった歴史を記念し、抗日勝利に寄与したことをたたえるため、特別にここに記念碑を建てた」など、光復軍の活躍を韓国語と中国語で併記している。

 陝西省の張宝文外事弁公室主任は祝辞で、韓中は日本の軍国主義の侵略に大きな犠牲を払いながらも結局は第2次世界大戦で勝利を収めたとしながら、「石碑は両国の信頼の深まり」を意味するものと述べた。

 朴処長も祝辞を通じ、「石碑の設置は光復軍の偉業を永遠に記憶し広く知らしめる契機となる」としながら、朴大統領の要請に中国が公園まで整備したことに謝意を伝えた。また、中国が今年1月に黒竜江省のハルビン駅に開館した「安重根(アン・ジュングン)義士記念館」にも言及し、両国の信頼強化を評価した。(以下略)

20140529140053_bodyfile.jpg


[「韓国光復軍」石碑が中国で除幕 歴史問題で対日共闘]
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2014/05/29/0900000000AJP20140529003000882.HTML


「韓国光復軍」については過去に何度か記事にしていますが、「抗日勝利に寄与」どころか戦った記録自体がありません。
韓国としては「連合軍とともに積極的な独立戦争を展開した」ということになっているそうですが(教科書にも書かれているそうです)。


関連記事:[日本は米国ではなく韓国に負けた?]
http://3gensoku.seesaa.net/article/397484437.html

関連記事:[韓国が戦争責任をすり抜けられた理由]
http://3gensoku.seesaa.net/article/397405970.html


韓国光復軍が実際には何もやっていなかったというのは日本だけが主張しているわけではなく、実は韓国側の複数の資料でも明言されています。


大韓民国臨時政府金九主席は自伝において「何の役割を果たしていない」と記していますし、韓国軍史上初の「名誉元帥」ペク・ソンヨプ将軍(存命中・93歳)は「独立軍など見たこともない」と証言されています。
以下は朝鮮日報の記事の抜粋になります。


(前略)金議員が問題視しているのは、日本統治時代にペク将軍が満州軍官学校を卒業し、間島特設隊の少尉として活動していた事実だ。ペク将軍も回顧録の中で自らこのことを認めており、また当時は独立軍ではなく中国共産党の八路軍を撃退する活動を主に行っていたという。またペク将軍に対しては「独立軍を討伐した」などと非難する声も以前から出ているが、

ペク将軍自身は2009年のインタビューで「独立軍など見たこともないのに、どうやって討伐できるのか」と語っている。

 ペク将軍は韓国戦争(朝鮮戦争)当時、洛東江防衛ライン、多富洞(慶尚北道漆谷郡)戦闘、38度線突破や平壌奪還、1・4後退後のソウル再奪還などを最前線で指揮していた。

 そのため韓国軍関係者はもちろん、当時を知る米軍関係者もペク将軍を「韓国戦争の生きた英雄」として礼遇している。在韓米軍司令官の就任式や離任式の際「尊敬するペク・ソンヨプ将軍」という言葉であいさつを始めるのは伝統となっており、米軍の新任将校が海外で研修を受ける際「韓国でペク将軍に会うこと」は必修コースだ。また多富洞戦闘は米軍士官学校の教材や戦史にも掲載されている。ところが今回、韓国の国会で行われた国政監査で、ペク将軍は「民族反逆者」と名指しで非難されたのだ。(以下略)

[【記者手帳】92歳の韓国軍元老を反逆者と非難する議員]
http://megalodon.jp/2012-1023-0105-04/www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/22/2012102201197.html


存命中の国民の英雄を否定・非難ですか・・。
韓国は凄いことになってしまいましたね。。
ペク・ソンヨプ将軍の心中をお察しいたします。


少し前に、韓国で「日本統治よかった」と発言した95歳の老人を37歳の男性が殴り殺したというニュースありましたが、韓国はもう戻れないのでしょうね・・。
ちょっと精神状態が正常ではないですね。。


[95歳男「日本統治よかった」発言で殴り殺される 韓国ネットでは「死んで当然」「正義の審判だ」]
http://www.j-cast.com/2013/09/13183859.html?p=all


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


タグ:光復軍
posted by K_美樹 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

米国の軍事機密が韓国を通じて中国に流出した疑い

うーーん、体調が・・(+_+)
書きたいことは沢山あるのですけどね。。


しかし暑くなってきましたね。
病人は暑いのも寒いのもキツいですので難儀なものです(^^;


*        *        *


ジャーナリストの加賀孝英さんが、なにやら凄いことを言っておられます。
一部引用してみます。。


(前略)驚かないでいただきたい。中国による卑劣なスパイ行為はこんなものではないのだ。以下、複数の外事警察関係者から入手した極秘情報だ。

 「中国人スパイが、観光客を偽装してインドに多数潜入しており、インド当局が対策に追われている。ドイツ情報当局でも『ドイツ在住の中国人は全員が潜在的スパイだ』と警戒している。英国では、1000人超の中国人留学生を強制送還させた」

 「日本には約5万人の中国人スパイが入り込んでおり、政財官界をはじめ、あらゆる情報が盗まれている。全国の自衛隊基地の近くにはいつの間にか情報収集工作拠点が作られている。機密情報を扱う中央省庁の出入りの企業がいつの間にか中国系資本に乗っ取られ、関係者はがくぜんとしている」

 こんな情報もある。

 「中国人スパイ組織は、国会議員や自衛隊幹部、警察関係者らを徹底的に尾行し、人間関係や個人的趣味・嗜好などを探っている。高級クラブなどに勤める女性スパイに渡すために『ハニートラップ用の顔写真付きリスト』まで用意していた」

 「中国の工作員や中国政府の息のかかった学者、ジャーナリストなどが、与野党の国会議員やOB、財界人、メディア関係者などに接触し、『日中友好の妨げは安倍晋三政権』と洗脳し、政権転覆をそそのかしている」

 さらに驚愕すべき情報を報告したい。韓国が日米を裏切って、軍事機密情報を中国に流出させた疑惑が浮上しているのだ。

 米国情報当局の関係者がいう。

 「米軍や韓国軍が保有しているF15戦闘機やF16戦闘機のレーダーシステムなど、米国の最高軍事機密が、韓国を通じて中国に流出した疑いが出ている。米国は爆発寸前だ。最近、韓国の中国接近が突出しているが、今年2月には、中国紙・東方早報に『韓国、中韓軍事機密保護協定締結を中国に再度呼び掛け』という記事まで掲載された。すでに日米の軍事機密が中国に筒抜けになっている恐れがある」

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、内政も経済も失敗続きで、「告げ口外交」や「ディスカウント・ジャパン(=日本の地位失墜)運動」ばかりに精を出している。このうえ、中国の手先となっていたとすれば、日米を中心とする自由主義陣営の「裏切り者」としかいいようがない。

 そして、その韓国が、日本で暗躍する中国人スパイの活動を支援する危険があるのだ。

 安倍首相に申し上げたい。

 中国は、わが国固有の領土である、沖縄県・尖閣諸島の奪取のみならず、卑劣にも政権転覆まで画策している。ゆめゆめ油断なさるな。そして、あえて言わせていただく。

 民主党政権下では、官邸情報が中国にもれまくっていた。こんな恥辱は二度と味わいたくない。

[韓国、日米の軍事機密を漏洩か 中国諜報活動の手先の疑い]
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140528/frn1405281140001-n1.htm


日本国内に中国スパイが50000人。
「観光客を偽装」「1000人超の中国人留学生を強制送還」
なんとも刺激的です・・。


ただ、孔子学院なる工作拠点を日本国内に多数設置している中国ですから、これくらいのことをやっていてもおかしくありません。。


[孔子学院関連記事]:優秀な中韓の情報工作
http://3gensoku.seesaa.net/article/396483265.html

[孔子学院関連記事]:中国の情報工作戦略
http://3gensoku.seesaa.net/article/396726630.html


そして、韓国は何やら軍事協定を中国と結ぶようです。


>中国紙・東方早報に
>『韓国、中韓軍事機密保護協定締結を中国に再度呼び掛け』
>という記事まで掲載された。


米国の軍事機密が韓国を通して中国に流出ですか。
韓国のバランサー外交(コウモリ外交)も戻れないところまで来てしまいましたね・・。


中国と反日共闘を画策しているようですがどうなりますやら。。


参考:[中国に騙された朴大統領 狡猾な習氏が反日密約で仕掛けたワナ]
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140401/frn1404011753004-n1.htm


5/31追記。
「日韓防衛相会談、見送り」というニュースが出ていますね。。
「韓国側にやる気が感じれない」とのこと。
協定締結も見送り、、、日本側としては喜ばしいことですが韓国は本当に狂ってきていますね・・。

[「韓国にやる気がない」日韓防衛相会談、見送り]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140530/plc14053007370005-n1.htm


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

日本・パラオ・バングラデシュ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、コメントくださった方、どうもありがとうございます。
現在、体調が思わしくなく、すべての方にレスを返すことができない状態です。
コメントも開放もしておりません(よほど体調が良い場合は返信していますが)。
この場にて、お礼申し上げます m(_ _)m
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


普通の日本人さん、三児のパパさん、いつもコメントありがとうございます m(_ _)m


*        *        *


現在、バングラデシュのシェイク・ハシナ首相が来日されています。
早稲田大学での講演で、なにやら興味深いことを発言されたようです。
発言内容がニュースになっていますので、ちょっと見てみましょう。。


 来日中のバングラデシュのシェイク・ハシナ首相は27日、東京都内の早稲田大学で講演し、


父親で初代大統領などを務めたラーマン氏が、独立に伴う1972年の国旗制定時に「日本に魅せられ、日の丸のデザインを取り入れた


と述べて日本への親近感をアピールした。

 バングラデシュ国旗は日の丸とほぼ同じ柄で、豊かな自然を表す緑の地に、独立のために流した血を示す赤い丸が描かれている。

ラーマン氏は「農業国だった日本が工業国に発展したように、バングラデシュも将来は工業国になるべきだ」と話していたという。(以下略)

http://mainichi.jp/select/news/20140528k0000m030031000c.html



0d18e0b3b2c88e93c22674c07dd5bc9f.jpg



(´・∀・)ヘーー、ですねーー。


首相が公の場で明言してしまえば国内外に報道されてしまいますのでリップサービスではない、、、ですよね。。


まぁ、似すぎですよね(^^;
色まで似ています。


ちなみにパラオの国旗と“日の丸”もよく似ています。
この件について、以下のような話がネット保守界に出回っています・・。


1994年,パラオはアメリカから独立した.

独立にあたり国旗を制定することになり,国民の間から一般公募した結果,日の丸をもじった今のデザインに決まったというわけである.

ただし,パラオの国旗の満月は,日の丸の旗の太陽とは違って,中心から少しズレている.日本に失礼だからと,わざと中心をはずしたのだそうだ.

これはパラオの人たちの慎み深い態度をよく表している.


この話は、ネット保守に長くかかわっていますと比較的よく見ます。
ただ残念ながら、現在この話はほぼ否定されています。


実際に国旗をデザインした方に確認をとった方がいます(吹浦忠正さん,ユーラシア21研究所理事長)。
核心部分を引用しておきます。


私「体調が芳しくないというのにご無理を言って
  申し訳ございません。日本ではパラオの国旗に
  諸説があって混乱していますので」

S「どういう混乱かな?」

私「@パラオの国旗は日本の日の丸を真似したという説、
  A日の丸の太陽に遠慮して、照らされて輝く月にした、
  B日の丸が旗面の中心であることに遠慮してすらした」

S「全部違うね。私はもちろん日の丸を知っているが、
  特別にそれを意識してデザインしたわけではない。
  日本は日本、パラオはパラオだ。あなたは
  パラオの満月を知っているか?」」

私「あいにく、今回はほとんど月の出ない時期で・・・」

S「それはいかん。いや、気の毒じゃ。今度は
  是非、満月のときにいらっしゃい。それはそれは
  感動的な夜景だよ」(中略)

私「デザインをしたときに月を竿側にずらしたのは?」

S「最初はまん中に置いたんだよ」

私「で?」

S「試みに少しずらした旗を作ってみたら、なかなかいい」

私「却って真ん中に見えるということでしょうね」

S「結局、横の10分の1ずらした」

私「色に遠く別の意味を含んだのですか」

S「空色はパラオの海の色。黄色はproudとか unity」

私「日の丸のことは」

S「考えなかった。さっきも言ったよ」

私「はい、失礼しました。
  応募数はどのくらいでしたか?」

S「私は20作品くらいと聞いていた」

私「一説には70とも100とも言われている」

S「そうかね。選考委員は
  Ngiraklang Malsol氏を委員長とする
  特別の委員会だった」

私「Malsol委員長はどうしておられますか?」

S「残念ながら亡くなったよ」

私「お体の具合が悪いようだが」

S「5年ほど前に脳の病気をしてご覧の車椅子生活だ」

私「急な面会の申し込みをお受けくださって
  ありがとうございます」

S「これで日本での混乱も治まるだろう」

私「重ねて御礼申し上げます」。

ttp://blog.canpan.info/fukiura/archive/7313


うーーん、残念。。
パラオは日本と関係が深い国ですので・・。
――ここら辺のこと(日本とパラオの深い関係)を知りたい方は検索してみてください、たくさん出てきますので――


ちなみにSさんはJohn Blau Skebongという方ですね。
アルモノグイ州知事の実兄とのことです。


日本、パラオ、バングラデシュ、、、昔から議論のあった“日の丸三兄弟?”も、その経緯について資料が集まってきましたね(^^)


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)



━━━━━━
吹浦様へ。
発信されている記事が非常に興味深いものであったため紹介させていただきました。
もし問題がありましたら連絡いただければ引用文を削除いたします。
失礼いたしました m(_ _)m
━━━━━━
posted by K_美樹 at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 国旗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

韓国では法律が機能していません

昨日、某国のイージスさんの動画を紹介したのですが、その中で、


『なぜ法律を遡及できないのか? 韓国の国民にとっては不思議でならないことばかりでしょう』


というフレーズがでてきます。。
「法律を遡及できる」とは、実行時に合法であった行為を、事後に定めた法令によって遡って違法として処罰することができる、、、ということです。
「後付けで何でもあり」になってしまう事態を防止するため、近代国家においては「法の不遡及」が原則です。


近代国家である韓国でも、もちろん遡及禁止・・・のはずなのですが、定期的に遡及法制定の報道が出てきます。


法律・法治に関して、あまり意識が高くないのかな? と思っていたのですが、「そもそも韓国では法律が機能していない」という話があります。


親日韓国人ブロガーのシンシアリーさんが、ここら辺の話を記事にして発信しておられます。
長い記事ですので自分用にまとめておきます。


結論から言うと、韓国では法が機能していません。


これには三つの理由がある。


[理由1]
韓国は潔癖症であるため、「韓国」という存在を綺麗に保護するため、法という「飾り」を作るという行為が横行している。
そして、抜け道を作っており、その法律とやらがちゃんと適用されることはない。
国際裁判で闘い、正当性を主張するというようなことはない。
「韓国はちゃんと違法事項を処罰しているよ」「これは違法じゃないよ」そう言い訳して議論から逃げるために、法を飾っておく、その飾りが、「韓国」というもののプライドを守っている。
このような考えが蔓延しているため、社会には「法って守られていないんだな」という考えが広がっている。


[理由2]
認識不足です。法を執行する側も、国民の方も、自覚が足りません。
韓国は元々、性犯罪が多いことで有名。
ある悪質な事件がキッカケで、政府は「児童への性犯罪をキツく処罰する」としました。
しかし、5年後、性犯罪は2倍以上に増え、道具を使うようになるなど犯罪の質も悪化。
理由は性犯罪も酒暴も、それが被害者の体だけでなく精神まで破壊する悪質な蛮行だという認識が、韓国社会に足りないから。
法の必要性を感じない人たちに、法をうまく守るどころか、うまく運用出来るはずもありません。


[理由3]
「法より上」が多いことです。
一部のマスコミによると、「財閥量刑」というのがあるようです。
「懲役3年・執行猶予5年」のことで、韓国の財閥総帥など、言わば「凄いお金持ち」たちは、いくら悪いことをしても、何故か「懲役3年・執行猶予5年」で済むことが多いためです。
社会各分野が財閥保護に動くようにうまくシステム化されている。


*        *        *


しかし、「法が元気に機能している」と見えなくもない分野があります。

反日関連です。すでに基本条約で『完全かつ最終的に(条約本文にて)』解決されている賠償問題を持ちだして、新日本製鉄と三菱に今更追加で賠償しろという判決を下したり、併合時代に先祖が日本からもらった土地を今の子孫から没収する判決を下したり、日本から盗んできた仏像を日本に返してはならないという判決を下したり、またそういう判決が全国民から熱い支持を得ているからです。

しかし、よく考えてみてください。これは「法が元気」ではなく、「法が機能していない」そのものです。


韓国が日本に対して「謝罪」を要求している項目は、多すぎで書くことは無理かと思います。
日本という存在そのものを謝れと言っているようなものですからね。
ですが、国家の公式見解として日本に対して「賠償」を要求している事案は、意外とあまり知られていません・・・・・


かなりはしょってしまいましたが、韓国では法が機能しておらず、それには三つの理由があるとのことです。


実は、この文章には続きがあり日韓基本条約の話につづきます。
韓国において、日韓基本条約がどのような状態になっているのか、、、書かれています。


そして、韓国の法をとりまく“歪み”とその理由についても書かれています。


韓国とは『「国民感情」に支配される社会』とのことです・・。


長い記事ではありますが、そこら辺のことを知りたい方は読んでみてはどうでしょうか?


[韓国の法律が機能不全に陥った三つの理由]
http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11861194899.html


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)

━━━━━━
シンシアリー様へ。
発信されている記事が非常に興味深いものであったため紹介させていただきました。
もし問題がありましたら連絡いただければ引用文を削除いたします。
失礼いたしました m(_ _)m
━━━━━━
posted by K_美樹 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。