2014年04月14日

竹島PR、質・量ともに韓国を圧倒

==============================

昨日の記事に対してコメントを下さった方々、どうもありがとうございます m(_ _)m
なんとか返事を書けないだろうか・・・と思案したのですが、現在、個別にコメントを書く体力がなく、諦めざるを得ませんでした、すいません・・。

==============================


*        *        *


朝鮮日報が、
「独島:日本の領有権PR、質・量ともに韓国を圧倒」
という記事を発信しています。


日本外務省がどのようなPRを世界に向けて行っているのかがわかります。
めずらしく仕事をしているようです。


本当はこういうのは日本のメディアが記事にしてくれるといいのですけれど(-_-;


(前略)韓日両政府がそれぞれ「独島」あるいは「竹島」を自国領だと広報するホームページでは、韓国の方が確実に後れを取っている印象だ。まず何よりも言語面で韓国の劣勢が明らかだからだ。

 日本外務省による「竹島」のホームページは日本語・英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語・オランダ語・イタリア語・アラビア語・中国語など12カ国語で書かれている。さらに中国語は北京語と広東語があるなど、細心の配慮が行き届いている。

 一方、韓国外交部(省に相当)のホームページは韓国語・英語・日本語の3カ国語だけだ。英語圏や日本人を除く世界各国の人々は、一方的に日本の「竹島=日本領」という論理に接することになるというわけだ。

 資料の量にも差がある。韓国は「独島に対する韓国の見解」「韓国領である根拠」「独島一問一答」「政府発表文」「独島関連法令」の5項目があるが、英訳は政府発表文36項目のうち20項目しかなく、独島関連法令は英訳・日本語訳がない。ほかには韓英日3カ国語で制作された約4分間の動画がある。

 だが、日本の首相官邸公式ホームページでは「竹島の位置」「竹島の領有権に関するわが国の一貫した立場」「竹島問題の経緯」などの項目に分かれており、外務省公式ホームページの資料コーナーには動画が2本ある。

 韓国政府は独島が韓国領である根拠について、地図や画像を使用した簡単な年表形式で紹介し、一問一答形式でそれを補っているが、日本では写真資料と共に韓国が日本漁船を拿捕(だほ)し、巡視船に銃撃を加えるなどして死傷者を発生させたという違法性を強調、日本は平和的対話のために努力している、と主張している。

 また、韓国が独島問題だけを取り上げているのに対し、日本は「日本と韓国の関係」「日本の領土」という名称の別項目で「竹島問題」をあらためて強調、「東海(日本海)呼称問題」にまで触れるなど、ありとあらゆる面で広報を行っている。(以下略)

[独島:日本の領有権PR、質・量ともに韓国を圧倒]
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/10/2014041001573.html


この話を信じるのであれば、日本政府は、それなりに真面目にやっているようです・・。
トップが変わると対応も変わりますね。


しかし、竹島略奪を国是に掲げ、他国の文化財を汚損し、それを賞賛するような国である韓国が、多言語で海外発信をしていないというのは何ともお粗末です。
これが本当ならば日本よりもずっとやる気が無いように見えます。


こちらとしては、もっと力を入れて過激にアピールして欲しい・・・もっと言うならば異常行動をして欲しいのですが(^^;


(前略)大航海時代に栄華を極めた海洋国家・ポルトガル。当時、世界中から集めた富をもって建設されたジェロニモス修道院は世界遺産にも登録されている。その修道院から道を挟んで向かいにあるのが「発見のモニュメント」と呼ばれる記念碑だ。大航海時代の英雄たちの石像が並ぶ。
 
 記念碑の正面に位置する石畳には世界地図が描かれ、ポルトガル船が辿った航路と、世界各国に到達した年代が記されている。日本の位置を見ると1541(ポルトガル船が豊後に漂着した年)とある。そして──。
 
 よく目を凝らすと朝鮮半島のすぐ横に、独島(竹島)を表すハングル表記と「DOKDO OF KOREA」の言葉が落書きされているのだ(写真)。石畳を削って彫り込んである。(以下略)

[ポルトガルの世界遺産に隣接する世界地図に「独島」の落書き]
http://news.ameba.jp/20140303-447/


人間心理の錯覚、自己欺瞞に気付くことができず、精神に異常をきたし、


『自分たちは正義の実現のため批判を覚悟で活動しているのであり、そのためには非倫理的行為も許される』


と考えているようです、無意識のうちに・・。
憐れなものです・・・。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島不法占拠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

反差別基本法を今年中に提出する

「ヘイトスピーチ許すまじ…白眞勲議員、法案提出へ意欲」
なるニュースが出ています。


この手の法規制のニュースは、ネット保守では、あまり出回らない傾向があります・・。
当サイトは、この系統のニュースを収集していますので記録しておきます。


 「韓国人は出て行け」「朝鮮人を殺せ」といった街宣デモ、ネット上での罵詈雑言といった人権侵害に歯止めをかけようと、一部の国会議員が動き出した。日本も批准している人種差別撤廃条約をベースに反差別基本法のようなものをつくり、ヘイトスピーチ(憎悪表現)は「許されない」とする社会認識を日本社会で共有していくのが目的。議員連盟設立発起人の一人、民主党の白眞勲参議院議員に聞いた。

反差別基本法めざす

 −−基本法はなぜ必要と考えたのか

 「街中やネット上で拡散している在日も含めた人たちへの罵詈雑言の状況に鑑みるとき、何らかの法的な枠組みが必要と考えたのが始まり。こうした差別はよくないことだ、だめだよねということを法律に書き込んだらいいというのが私の基本的な趣旨。ヘイトスピーチを直接、取り締まれればいいのだが、言論の自由、集会・結社の自由とのからみから、規制をかけるには議論に時間がかかるのではないか。であるならば、日本も批准している人種差別撤廃条約をベースとして、いろいろな差別を撲滅するような基本的な法案、法律をつくる必要があると考えた」

国の責任で啓発

 −−基本法の枠組みはどのようなものになりそうか

 「私自身は大きく3つあるだろうと考えている。まず、人権侵害行為があってはならないということを国民に広く啓発していく必要がある。その義務を国が負うということを明確にしていきたい。もう一つは国で人権委員会のようなものを立ち上げて、ほんとうに人権侵害があったのかを調査したり、勧告したりできるようにしていくこと。民主党政権時代には『人権委員会設置法案』を閣議決定しており、法律は比較的つくりやすいだろう。最終的にはそれでも守られなかったときのために刑罰をつくっていく必要があると考える。まずはこうした基本的な枠組みをつくろうということならば、ほかの議員から反対は出ないだろうと信じている」

超党派で議連を

 −−これからの日程は

 「民主党はもちろん、自民党を含む超党派の有志議員に呼びかけて議員連盟をつくっていく。有識者を集めて勉強会を重ね、ヒアリングも行いながら最終的に法案に落とし込んでいきたい。私の個人的な希望としては今国会中の法案提出が目標だ。日本のため、たとえ1歩でも2歩でも前進していきたい」

[ヘイトスピーチ許すまじ…白眞勲議員、法案提出へ意欲]
http://megalodon.jp/2014-0409-2255-26/www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=16&category=2&newsid=18787


この方・・・ネット上の法規制についても言及しているのですね。
まぁ、予想通りではあるのですが・・。


白眞勲さんは、

『刑罰をつくっていく必要があると考える。まずはこうした基本的な枠組みをつくろうということならば、ほかの議員から反対は出ないだろうと信じている』

『私の個人的な希望としては今国会中の法案提出が目標だ。日本のため、たとえ1歩でも2歩でも前進していきたい』

と述べていますが、すでに人権救済機関と人権法制定を求める大規模な署名が政府に提出されており、法律制定の道筋がつけられていました。
着々と準備が進行している様子がうかがえます。


<青年会>ヘイトスピーチ規制へ署名2万5262筆…法務省へ提出
2014-01-29

人権救済機関、人権法制定求める

 青年会中央本部(徐史晃会長)は23日、安倍晋三首相に宛てた「人権救済機関の設置と外国人人権基本法の制定を求める要請文」に賛同署名2万5262筆を添えて法務省へ提出した。この署名活動は一部の排外主義者によって各地で繰り広げられる心ない言動に心を痛めたことがきっかけ。青年会「善隣友好精神署名活動推進委員会」が発起人となり、昨年5月28日から約7カ月かけて集めた。

立法府にも要望

 要請文では一部の排外主義集団によるヘイトスピーチ・デモを「一線を超えた極めて深刻な人権侵害」と指摘。政府からの独立性を有する新たな人権救済機関の早急な設置が必要と訴えた。特に日本政府が留保している人種差別撤廃条約第4条(a)及び(b)については、いち早い留保撤回を求めている。併せて、管理型から共生に向けた抜本的な外国人施策への転換を呼びかけた。

 青年会からは徐会長をはじめとする代表4人が署名簿を持参して衆議院第二議員会館を訪れ、谷垣信行法相政務秘書官に「善隣友好精神署名」の趣旨を説明した。署名簿を受け取った谷垣政務秘書官は、「谷垣大臣と所管している人権擁護局に間違いなく伝達する」と答えた。

 この日の提出行動に同席した白真勲参議院議員は、「党の枠を超えた人権の問題として考えていかなければならない」と述べた。

 青年会の代表団はこの日、賛同署名の提出に先だって国会議事堂内に赤松広隆衆議院副議長を訪ね、同様の要望書を手渡した。

 席上、徐会長は「ヘイトスピーチに限らず、なにかと生きずらい現実がある。少しでも早い救済のため、まずは国会内に調査委員会の設置を」と訴えた。

 これに対して事前に青年会の要望書を読んでいたという赤松副議長は、「トータルな意味で日本に住む外国人との共生社会をつくるために多様性を認めようとの主旨に大賛成だ。差別の実態がどうなのかを把握するための調査委員会は請願か陳情で働きかけたらいい」とアドバイスした。

共感と激励を広げて

 青年会がこの間集めた2万5262筆のうち、ネットを除く直筆署名が2万4183と圧倒的。署名には「日韓友好を真摯に願っております」「差別や偏見の無い世の中を希望します」「絶対賛同」「賛同します。あらゆる差別を取りのぞくために」といった温かい共感と激励のメッセージが添えられていた。

 なかには、「昨今の外国籍住民の方々に対する嫌がらせ、暴言の数々に胸が痛みます。日本の政府・社会がこれ以上こうした暴挙を放置しておくことは恥です」というものや「外国人を欲求不満のはけ口にするのは日本人としてまことに恥ずかしいことだ。仲良くしようぜ」というものも見られた。

 一方、当事者の在日同胞からは、「外交問題と人権問題が分けて考えられる、外国籍住民にとって住みやすい国になることを毎日希望しています」という切実な声も。 このほか、「ヘイトスピーチには何らかの処罰或は規制を!!」「日本政府は、人種差別扇動罪を早急に成立させよ」という訴えもあった。

ttp://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=5065&corner=2
(キャッシュ)http://megalodon.jp/2014-0212-1916-51/www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=5065&corner=2


ヘイトスピーチ自体を規制するのではなく、差別禁止法という応用度の高い大枠の法をつくるという戦略の話は以前からあがっていました。
動きはじめた、、、というところでしょうか。


ヘイトスピーチ規制法を考える…都内でシンポ

 「規制」か「表現の自由」かで意見の分かれている「ヘイトスピーチ(差別扇動)」について考えるシンポジウムが2日、東京都内で開かれた。『ヘイト・スピーチとは何か』(師岡康子著、岩波新書)の出版を記念しての催し。定員60人足らずの会場に100人が詰めかけ、立ち見が出た。

 東京造形大学の前田朗教授は「ヘイトスピーチはそれ自体が民主主義を破壊する。マイノリティーばかりか、マジョリティーの表現の自由を守るためにも処罰法が必要」と持論を展開した。

 著者でもある師岡康子弁護士は「ヘイトスピーチだけを規制しても、差別に無関心なこの社会は変わらない。その前に差別禁止法をつくり、その中に規制条項を入れていくのが、乱用の危険性を防ぐためにも現実的だ。悪質な事例は刑事規制だが、被害者がどれだけ傷ついているのかを基準として民事規制から出発すべき。まずは、マイノリティーの人たちがいかに実害を被っているのかの実態調査が必要になる」と述べた。

http://megalodon.jp/2014-0214-1504-28/www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=9&category=2&newsid=18534


「差別を禁止しましょう」という法律に対して反対できる政治家は少ないでしょう・・。


政治家は「差別に弱腰だ」とのレッテルを貼られる危険を冒すことに乗り気になることは無い。
自分がかわいいですからね・・。


人間には『自分を社会的にも道徳的にも優れた人物と思いたいし、他人からもそのように見られたい』という根源的な欲求があります。
人は倫理には勝てません。


致命的なダメージとならないことを祈るばかりです。


参考:[ヘイトスピーチやめろって風潮だけど]
http://3gensoku.seesaa.net/article/384423070.html


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)
posted by K_美樹 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

韓国軍慰安婦は性奴隷

アサ芸+が
「韓国・朴大統領がひた隠す実父の“慰安所管理人”過去」
なる記事を発信しています。


一部の間では有名な「韓国軍慰安婦」の話ですね。
この「韓国軍慰安婦」の運営にはパク・クネ大統領の父親、パク・チョンヒ大統領が直接に関与していたことが明らかになっています。


当サイトでは、これについてのニュースを収集していますので、一部、引用・記録しておきます。


 韓国の慰安婦問題は根深く、「米軍慰安婦」の前には「韓国軍慰安婦」の存在があった。02年、韓国の金貴玉〈キム・キオック〉慶南大客員教授が初めて「韓国軍慰安婦」の存在を明かし、韓国陸軍本部が56年に編纂した公文書「後方戦史(人事篇)」の中に、“特殊慰安隊”と呼ばれた軍慰安所の記述を見つけた。金教授は韓国軍慰安婦の女性に聞き取り調査を行い、「軍隊と性暴力」の中でこう論じたのだ。

〈韓国軍「慰安婦」制度は軍による性奴隷制度であり、女性自身は性奴隷であったといえる〉

 女性は韓国軍情報機関員に拉致され、慰安婦として働かされたという。日本の強制連行をでっち上げた韓国だが、自国女性を拉致、性奴隷として働かせていた、と指摘されたのだ。国際政治学者の藤井厳喜氏が解説する。

「韓国は国家政策として直接政府が慰安所を運営していました。その事実が日本に知られるとまずいので、『後方戦史』は閲覧不可能にしました。朝鮮戦争でもベトナム戦争でも、自国の女性にひどい扱いをしていたのは韓国のほうです」

 53年に朝鮮戦争が休戦になると、翌年、慰安所は閉鎖される。代わって駐留米軍の基地周辺には「基地村」が作られ、政府公認の売春婦が集められた。米軍慰安婦として25年間を過ごした金蓮子〈キム・ヨンジャ〉氏は「基地村の女たち」(御茶の水書房)という手記で、性奴隷たちの悲惨な実態を明かしたのだった。

〈ホールで働く女たちは、みな政府が発行する検診証がないと営業できなかった。毎週1回ずつ、性病検査を依託された産婦人科に行って検診を受けた〉

 彼女は、当時韓国で「淪落(売春)行為」が法律で禁止されていることを、知らなかったという。

〈数年後にその事実を知ってとても驚いたものだ。政府が禁止しておきながら、女たちに性病検診を受けさせ、性病のある女は“淪落”できないようにするというのは矛盾している〉

 朴大統領の父親が“性のビジネス”を主導していた事実も裏付けられた。

〈朴正煕大統領が基地村浄化政策を発表したのが1971年12月22日、外貨獲得のために基地村を育成し、基地村女性たちを徹底して管理し始めた頃だった。クラブは観光協会に登録し、協会は店と女たちを管理した。(中略)韓国は基地村をもっと拡張し、女たちをより清潔に管理することで、観光産業の発展を図ろうという、とんでもない政策を推進していた〉

 当時の韓国は貧しくて外貨が不足。韓国当局者は慰安婦たちに、

「もっと体を売りなさい。あなた方はドルを得る愛国者だ」

 と称賛し、米軍に女性を献上していたのだ。

 70年代になると米軍側は韓国政府に基地村の環境改善を要求するようになった。“管理人”の朴正煕氏は「基地村浄化委員会」を作り、性病の撲滅などを強化。女性は国家のため米兵に体を利用されたあげく、性病にかかったとたん、「モンキーハウス」と名付けられた施設に強制収監された。

〈女たちは誰もがモンキーハウスでの生活を恐れた。ベッド、毛布、薬品、医者‥‥、すべてが米製の収容所で、犯罪者扱いされながら、毎日米軍たちに股を開き、きれいな女かそうでないかを検査されるのは屈辱的なことだった〉(「基地村の女たち」)

 韓国野党女性議員は、女性家族部長官に慰安所の過酷な様子をこう突きつけている。

「(基地村の女性を)強制収容して治療をしていた。性病が完治するまでペニシリン注射が行われ、この過程でペニシリン・ショックを起こして死亡する女性は多かった」

 これでは朴大統領がオバマ大統領を前に、慰安婦問題を追及できなかったのも当然だろう。

「オバマ氏が同席している中で慰安婦問題を取り上げれば、米国も巻き込むことになる。韓国は経済や防衛問題で米国に頼っているので、怒らせるわけにはいきません」(藤井氏)(以下略)

http://www.asagei.com/21835
http://www.asagei.com/21862
http://www.asagei.com/21863


「死亡する女性も多かった」とのこと・・・何とも痛ましい状態です。
鬼畜ですね・・・パク・チョンヒ大統領は・・。


ちなみに藤井厳喜さんは、
「韓国は国家政策として直接政府が慰安所を運営していました。その事実が日本に知られるとまずいので、『後方戦史』は閲覧不可能にしました」
とおっしゃっていますが、現在、この件は韓国国内でも普通に報道されています。


参考:[【慰安婦問題】ついに禁断の幕が開かれた]
http://3gensoku.seesaa.net/article/383097182.html


また、この韓国軍慰安婦は、2009年に当時の政府指導者に対する謝罪と賠償を求めて告発したりもしています(その後どうなったかは不明です)。


 米ニューヨークタイムズ(電子版)は8日、韓国の元慰安婦のグループが、1960年代から80年代にわたって米兵との性的行為を強制されたとして、当時の政府指導者に謝罪と賠償を求めて告発したと報じた。このグループは組織的な慰安施設の設置に直接的に関与したとして、米軍と韓国政府をあわせて告発した。

 同紙によると、元慰安婦のグループは朝鮮戦争後、韓国に駐留していた米軍の基地近くにあった慰安施設で米兵を相手にした売春を強要されたと証言。一帯では、米軍の憲兵隊と韓国当局者が施設を見回り、番号札を使って性病に感染したとみられる慰安婦を排除しており、性病が疑われた女性は警察当局が、窓に鉄格子がはまった「モンキーハウス」と呼ばれる施設に収容し、快復するまで治療が施された、と証言している。

 同紙は、韓国の専門家が、当時の韓国政府は米軍の撤退を恐れており、それを防ぐために手段を選ばなかったと指摘しているとし「慰安施設には韓国政府と米軍の積極的な関与があった」とする別の専門家の談話を伝えた。

[韓国人元慰安婦、韓国政府と米軍を告発]
http://megalodon.jp/2009-0108-1628-31/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090108-00000542-san-int


当の本人たちは「売春を強制された」と証言しています。
本当であるならば、ひどい人ですね、、、パク・チョンヒ大統領は。。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)

ラベル:韓国軍慰安婦
posted by K_美樹 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰安婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月11日

ドイツが中国を批判?

メルケル独首相と習近平主席がドイツで会談しました。
なにやら一悶着?あったようですね。


何か書こうかと思いましたが、ジャーナリストの水間政憲さんが記事を発信しており、超拡散希望ということですので、お手伝いいたしましょう!


●超拡散希望《習近平はメルケル独首相にコケにされていた》


■ドイツを訪問した習近平中国国家主席が、メルケル独首相からプレゼントされた古地図で中国国内が大騒ぎしています。

如何に中国が、ヨーロッパで軽蔑されているかが分かります。

メルケル独首相がプレゼントした古地図は、中国の古地図で、宣教師の情報に基づいてフランス人が1735年当時の清朝の領域を描いた古地図だったのです。

その地図には、ウイグル、チベット、内モンゴル、尖閣諸島は清朝の領域に含まれてなかったのです。

メルケル独首相のブラックジョークは、洗練されていて古地図一枚だけで、中国の人権や領土問題を批判していることが世界中に知らしめています。

この古地図を中国のバカメディアは、すり替えて報道したことで、メルケル独首相は「チベットと尖閣領有を支持してくれた」などと、大騒ぎしているバカもいるとのことです。

日本のメディアは、何故、このことを報道しないのか、まだ情報を取得してないのか、いずれにしても情けないメディアしか無いですね。

外務省は、メルケル独首相がプレゼントした古地図をホームページにアップしてはどうか。する訳ないね。

※ジャーナリスト水間政憲;インターネットだけ転載フリー〈条件・全文掲載〉
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


この件に関しては国際政治学者の倉西雅子さんも記事を発信しており、同じ解釈をしておられます。
一部引用してみます。


(前略)急速な軍拡を果たした中国の周辺諸国に対する野心は留まるところを知らず、突如として軍事行動を仕掛ける懸念も広がっています。
周辺諸国に対する脅威に加えて、中国の版図に組み込まれているチベット、新疆ウイグル、内モンゴルなどでは、未だに中国による過酷な支配が続いており、異民族に対する人権侵害も甚だしい状況にあります。

しかしながら、軍事大国化した中国に直言する国はほとんどなく、否、経済重視を言い訳にして、中国の主張に歩み寄る国も見られます。

こうした中、ドイツのメルケル首相は、口にはなかなか出せないことを、一枚の古地図に語らせています。
18世紀に宣教師がもたらした情報に基づいてフランス人によって作成されたとされるこの地図は、1735年時点の清朝の版図を描いており、その中には、チベットも、新疆も、内モンゴルも、そして、尖閣諸島も含まれていないのです。

この古地図からは、
(1)チベット、ウイグル、内モンゴルの独立の正当性、
(2)中国の異民族に対する人権侵害への批判、
(3)中国の歴史的主張の欺瞞性、
(4)尖閣諸島に対する武力行使の侵略性、
(5)ドイツと中国との歴史共闘の拒否…
を容易に読み取ることができます。(以下略)

[古地図に全てを語らせたメルケル独首相](万国時事周覧)
http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/67c155795dd72b1913df77304beb811e


この件に関しては、人気サイト「私的憂国の書」さんも記事にしておられます。
興味のある方は読んでみてはどうでしょうか。。


[キンペーの赤っ恥その2 〜 独メルケルの毒入り古地図〜〜](私的憂国の書)
http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-1549.html


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


━━━━━━
万国時事周覧様、私的憂国の書様。
発信されている記事が非常に興味深いものであり、アクセスアップに貢献したいという思いから紹介させていただきました。
もし問題がありましたら連絡いただければ削除いたします。
失礼いたしました m(_ _)m
━━━━━━
posted by K_美樹 at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。