2014年04月22日

変革運動を敗北させるには

先日、投書がありました。
やり取りの中で、
「なんで先鋭化・過激化すると共鳴者が減るんですか? 思いつくかぎり汚く激しく叩いた方が共感を得られるはずだ。」
と問われました。


これは困りました・・・先鋭化・過激化・非倫理化すると共鳴者が減ると直感的に思いませんでしょうかね?、、、私は思うのですが(^^;
この方法で共感するのは、一部の身内(味方)だけです。
そして、それらの方々は、特にアプローチせずにほおっておいても自分で考え・動き、味方になります、ですのでアプローチする必要がありません。


なぜこれが問題なのかは複数理由がありますし、詳しく書きますと膨大な量になってしまいますので代表的な物をすごく簡単に書いてみます。


*        *        *


人間の脳内には、進化の過程で構築された論理モジュールという回路が先天的に存在し、この回路は一定のキーワードから自動的にネガティブな情動を引きおこすことが明らかになっています。


さらに人間の本能には情動プライミングと呼ばれる自動プロセスが存在し、ネガティブな情動を引きこした概念から無意識のうちに回避行動をとることが実験により明らかになっています――自覚することなく“無意識のうちに”反発するのです。


また、この“無意識の反発”から自我が生み出され後天的な道徳観に成長していきます。
そして、人間には
『自分を社会的にも道徳的にも優れた人物と思いたいし、他人からもそのように見られたい』
という根源的な欲求が生まれます。


成熟した国家において、人は社会的に影響力のある行為をしようとする限り、社会的に広くみとめられた道徳観に沿った行為規範を選択せざるをえません。
人間は先天的にも後天的にも道徳には勝てないのです。
非道徳的なことを続けて行いますと人々は無条件で排除の方向に動きます。


要するに人間は先天的に善良なのです、精神病でもない限りは。
実は先天的倫理プログラムは、人間以外の動物にも存在します。
一例として、たとえばサルは近親相姦をすると思われますでしょうか?
サルは近親相姦が倫理的にタブーであることを後天的に学習できません。


しかし、これは・・・「しない」が正解なのです。
動物は、進化の過程で、理屈なしに、それらから距離を取ることを脳内に刻み付けられているのです、抗えない習性として。
それらから距離を取ることが生存や種の保存に有利であることを無意識に認識しているのです、だから生き残ってきたのです。
このような無意識の倫理回路が、複数、人間には備わっているのです。


過激化・非倫理化がすすみますと、人々は、その概念から無意識に回避行動を取るようになります――つまり共鳴者が離散してしまいます、離脱者が出てきてしまいます。


社会運動研究の第一人者Sidney G. Tarrow博士(コーネル大学社会学部教授)は、著書において、近代民主主義国家における社会変革運動において非倫理的な戦術を用いて勝利することは不可能であり、非倫理的な戦術が採用・発展した例も無い、と述べ、その理由の一つに「暴力が生じそうになるだけでも、非暴力的な共鳴者が遠ざかってしまうことになる」ということを挙げておられますが、この解釈でもいいのですが、要するに、暴力の有無関係なしに、人間は本能的に非倫理的なものから自動的に距離を取る習性があるだけのことなのです。


この原理がわかっていなければ、保守活動の努力をすればするほど離脱者が増え、努力すればするほど敗北に近づくという努力逆転現象が起きてしまいます。


――ちなみにこの努力逆転現象を意図的に起こさせるスパイ工作が過去の社会変革運動で行われていたことが明らかになっています(SDS・アメリカ民主社会運動同盟、新左翼運動)。優れた運動抑圧者は、運動を敗北に追い込むには、『綺麗ごとではダメだ、誰かが泥をかぶらなければ事態を打開できない!』、『平和的活動で何か変わったのか!』と言わせればいいことを研究により知っていたのです。――


ましてや日本は、江戸時代の昔から倫理・教育水準が高く、歴史的に見ても多くの人格者を量産した風土があります。
それが、今日の日本の繁栄の源になったとも言われています。
日本において倫理と戦うのは、なお一層きびしい・・。


日本だけという訳ではなく、世界中のどこであっても倫理を無視した活動を行いますと、倫理を盾にした強大な敵が出現してしまいます、排除の自動プログラムが作動するのです。


余談になりますが、このことを知っていたのがアドルフ・ヒトラーでした。
以下の文章はヒトラーの大衆扇動術からの引用(抄訳)になります。
――私はヒトラー礼賛者でもなんでもありません。またヒトラーが用いた手法の多くが陳腐化しており現代においては通用しないことが明らかになっています。――


普遍的なモラルに反する扇動は自分を不利にする。
味方以外からは強力な反感を買うだろう。
普遍的なモラルを大義名分として団結した巨大な敵が表れる可能性があるのだ。

健全ではない思想を持つ団体は、社会的な影響力を持つほど勢力を広げることはできない、ヒトラーは違っていた。
彼は、大衆に対しては常に善良なイメージを与えた。

誰が見ても善人に見えるように行動したのだ。

ヒトラーが国民から圧倒的な支持を得ることができたのは、彼が普遍的なモラルを持つ人のように見えたからである。

*        *        *

ヒトラーの演説を見ると、ヒトラーに悪魔的イメージだけを想像する人は、意外と平凡な内容に当惑するかもしれない。

演説の内容ほとんどいい話で、悪いやつの演説には見えないのだ。
演説を終わる時に、キリストに祈ることまでしている。

ヒトラーは、民族構成員の間の誤解を払拭してお互いに和合することを主張する。
職業によって人を差別せず、すべての人がそれぞれ重要な役割を分担する民族共同体の一員だ、ということを思い出そうと言っている。
なんとも、いい話ではないか。


『普遍的なモラルに反する発言は自分を不利にする』


『健全ではない思想を持つ団体は、社会的な影響力を持つほど勢力を広げることはできない』


『誰が見ても善人に見えるように行動したのだ』


『国民から支持を得ることができたのは、普遍的なモラルを持つ人のように見えたからである』


――私は、切れ味鋭いユーモラスな言い回しや情熱的な迫る文体が、優れた文章の構成要素となることは理解しております、そのようなものまで否定するわけではありません。――


*        *        *


あらゆる勝負事において、最終的には失点を抑えた方が勝ちます。
ミスを抑えた方が勝つのです(とくに勝利条件が厳しい場合はそうなります)。


勝負事において「負け」の9割は「自滅」という話もあります。


総力をあげて保守勢力全体の失点を減らさなければなりません。


「敗北」を回避し「勝利」しましょう、そのために失点を減らしましょう。


離脱者を出してはなりません。
努力逆転現象を起こしてはなりません。
韓国のように自爆してはなりません。


------------------------------------------------------
現代社会においては、
大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、
その良いイメージを大衆の心に印象づけることができなければ
失敗に終わる。(宣伝広報学の父:Edward Louis Bernays博士)
------------------------------------------------------


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)




posted by K_美樹 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動の理論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

極右、ナチス旗掲げデモ行進

「日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進」
というニュースが出ております・・・。


 東京の代表的繁華街の一つである池袋に、見るだけでぞっとする赤い旗がはためいた。ナチスの旗であるハーケンクロイツ(かぎ十字)の旗だ。ナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラーの誕生日である20日、日本の極右のデモ行進に、旭日旗だけでなく、ナチスを象徴するハーケンクロイツまで登場したのだ。

 この日午後、東池袋中央公園では「護国志士の会」という団体が主催する集会が行われ、極右団体のメンバー約50人が集まった。同公園はかつて、東條英機など日本の戦犯7人の死刑が執行された巣鴨プリズン(拘置所)があった場所だ。ジーンズ姿の20代から、登山帽をかぶった70代までの極右団体メンバーは、追悼碑に向かって黙とうをした後「大東亜共栄圏実現国民大行進」と称するデモ行進を池袋の大通りで行った。

 大東亜共栄圏とは、第2次大戦当時、日本がアジア諸国を侵略した際に掲げたスローガンだ。日本は当時「西欧諸国に対抗し、アジアは日本を中心に共存共栄の新たな国際秩序を建設しようという大義名分の下、戦争や侵略を正当化しており、日本が起こした太平洋戦争を「大東亜戦争」と命名した。今回の集会では「かつての大東亜共栄圏をたたえるとともに、これに感謝しない韓国や中国を懲らしめるため、再び大東亜共栄圏を構築すべきだ」という極右派の主張が掲げられた。ヒトラーの誕生日を強調したのも同じ趣旨だ。

 集会を主催した高木脩平氏は「大東亜共栄圏のために、日本と軍事同盟を結んだナチス・ドイツをたたえるのは当然だ」と述べた。

 この日、極右団体のメンバーらは、約40分にわたってデモ行進を行い「ヒトラー総統の生誕125周年を祝う」「河野談話の再検証とともに、ナチス・ドイツも再評価すべきだ」などといったシュプレヒコールを叫んだ。ハーケンクロイツだけでなく、落書きした太極旗(韓国国旗)、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領や旧日本軍の慰安婦を象徴する少女像の写真に「こじき」「売春婦」と書いたプラカードまで登場した。日本の警察は、事前に届け出があったとの理由で、デモ隊の先頭に立って道を開けた。

 一方、この日、日本でナチスに追従する別の団体は、ヒトラーの誕生日を祈念するパーティーを行ったという。極右団体「維新政党・新風」の副代表を務めた瀬戸弘幸氏は最近「ヒトラーを賛美することのどこが問題なのか。いまだにユダヤ人大量虐殺を信じる人がいる。南京大虐殺、従軍慰安婦と同じく、これもでっち上げだ」と主張した。

2014042100494_0.jpg

[日本の極右、池袋でナチス旗掲げデモ行進]
ttp://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/21/2014042100528.html

[日本の右翼がナチスの旗を高らかに掲げてデモ行進]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000040-xinhua-cn


・・・・・・。


・・・この「護国志士の会」という団体は、新風連(維新政党・新風の応援団体)の加盟団体なのですね・・。
新風連の現在の代表は有門大輔さん、、、ネット保守界では有名な方ですね。
過去にも同じようなことがありました・・。

[「ヘイトスピーチデモ」で「ハーケンクロイツ」]
http://3gensoku.seesaa.net/article/385855431.html


上記記事には瀬戸弘幸さんの名前もあります。
瀬戸さんと有門さんは師弟関係であり、また瀬戸さんはネット保守界では知らない人が居ないほどの有名人です。
上にもありますとおり維新政党・新風の副代表を務めていたこともある方です・・。


この件に関しましては過去に何度も記事にしていますし、ここのような弱小マイナーサイトを見ておられる方は、当サイトのスタンスについてもご存知のことと思われますので、何も言うことはございません・・・。


*        *        *


どこかの誰かの言葉を載せておきます。


「まあ、やり方はいろいろあるもんだ、肝心なのは、この行為によって誰が一番得をするか? ということが判る眼を持つことだね。」


「ヒトラーの名誉回復をしたいならドイツ国民がやればいいこと。こんなことをしていたら国内まで到底手が回らない。なぜ日本人がそこまでしてやる必要がある? 望まれてもいないのに。」


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘイトスピーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

アジア諸国「最も信頼できる国は日本」

読売が『「最も信頼できる国」日本33%、中韓5%以下』という記事を発信しています。


良い内容ですので紹介いたします。


 外務省が東南アジア諸国連合(ASEAN)の7か国で行った世論調査によると、「最も信頼できる国」に日本を挙げた人は33%で、トップだった。

 米国は16%で2位、中国は5%、韓国は2%だった。

 「ASEAN諸国にとって現在重要なパートナーはどの国か」との質問(複数回答可)でも、1位が日本(65%)で、以下、中国(48%)、米国(47%)が続いた。2008年の前回調査では1位が中国だった。

 安倍政権が掲げる積極的平和主義については、「アジア地域の平和維持に役立つ」と肯定的な評価をした人が9割に上った。

 外務省は「安倍首相が就任後にASEAN全10か国を訪問し、日本のASEAN重視の姿勢が浸透した表れではないか」と分析している。

 調査は3月、外務省の委託を受けた香港の調査会社がインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム、ミャンマーの18歳以上の国民を対象に、オンライン方式で実施。計2144人が回答した。

[「最も信頼できる国」日本33%、中韓5%以]
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140419-OYT1T50110.html


なかなか良い傾向ですね。
肯定的な評価が9割とは、、、安倍首相と外務省はよくやっているようです。


しかし、記事の見出しに「中韓」をわざわざ入れるとは・・。
相変わらず読売さんは中韓嫌いですね(^^;


この件にかんしては外務省自身も情報を発信しています。
読売より詳しいですので紹介いたします。


 外務省は,IPSOS香港社に委託して,本年3月に,ASEAN7ヵ国(インドネシア,マレーシア,フィリピン,シンガポール,タイ,ベトナム,ミャンマー)において対日世論調査(各国において18歳以上の識字層約300名を対象にオンライン方式で実施)を行ったところ,結果概要は以下のとおりです。

1 日本との関係については,9割以上が「友好関係にある」又は「どちらかというと友好関係にある」と回答し,また,同じく9割以上が日本を友邦として「信頼できる」又は「どちらかというと信頼できる」と回答しており,日本との関係に関し肯定的なイメージが広範に定着していることが示されました。さらに,米国,中国等11ヵ国の中で「最も信頼できる国」として日本を選択した割合は33%であり,11ヵ国の中でトップでした。

2 ASEAN諸国にとって現在重要なパートナーはどの国かとの質問(複数回答方式)については,アジアや欧米の主要11ヵ国の中で日本(65%),中国(48%),米国(47%)の順で評価されました。また,将来重要なパートナーはどの国かとの質問については,日本(60%),中国(43%),米国(40%)の順で評価されました。

3 「積極的平和主義」について,ASEANを含むアジア地域の平和構築に役立つと回答した者が9割を占めました。

4 日本に関するイメージについては,7ヵ国全体で,回答の多い順に「科学技術が発達した国」(81%),「経済力の高い国」(62%)であり,最先端の科学技術立国,豊かな先進国といったイメージが強いことが示されました。また,同じく2位「自然の美しい国」(62%),3位「豊かな文化を有する国」(59%),4位「アニメ,ファッション,料理等新しい文化を発信する国」(44%)との回答に見られるとおり,美しい国土や日本文化(伝統及び現代文化)に対する高い関心も示されました。日本についてもっと知りたい分野としては,「科学・技術」(58%)の他,「日本人の生活・ものの考え方」(56%),「食文化」(53%)が上位を占めました。

5 アジアの発展に対する日本の積極的役割に対する肯定的な回答は全体で92%を占め,政府の経済・技術協力が役立っているとの肯定的な回答が89%,日本企業の進出に対する好意的な回答は95%でした。また,ASEAN地域で日本に最も貢献してほしい領域は「経済・技術協力」「貿易・民間投資の振興」が上位を占め,日本の国際貢献の特に経済的な側面に関し高い評価と期待が示されました。

6 なお,ASEAN地域においては,外務省の委託により対日世論調査を過去7回(1978年,83年,87年,92年,97年,2002年,2008年)実施しています。

平成25年度「ASEANにおける対日世論調査」結果 図解(PDF)http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000036037.pdf
詳細結果データ(PDF)http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000036036.PDF

上記PDFより抜粋
pdf


http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press23_000019.html


凄いですねー。
凄すぎて、なんだか勘ぐってしまいますね(^^;


ただ、「重要なパートナーはどの国か?」という質問に対して中国が2位につけていてアメリカより高いのですね・・。


あれで2位とは・・・侮れませんね。
この結果を信頼するのであれば、少なくともアメリカと同等以上に「パートナーたりえる」と考られているようです。


あの状態で48%・第2位の支持を得るのであれば、もし今後、中国が方針転換し冒険主義を捨てるようなことになれば大幅に上昇するのでしょうね・・。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)

posted by K_美樹 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ASEAN関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

シーシェパード側から一転「日本は捕鯨を続けるべきだ」

かつてシー・シェパード側からの情報発信に携わったジャーナリストが、立場を変え、日本の捕鯨を保護する活動を行ってるそうです。


興味深い内容ですので紹介いたします。


(前略) 取材の間にメンバーが捕鯨船に乗り込み拘束される事件が発生。引き渡されたメンバーに話を聞くと、捕鯨船の日本人船員は妨害工作をしかけたメンバーの話にも耳を傾け、環境問題などをテーマにした日本の人気アニメ映画「もののけ姫」のDVDを手渡すなど、対話の姿勢を見せたという。しかし、そうした情報は番組ではいっさい触れられなかった。

 番組は米テレビ界の最優秀作品に与えられるエミー賞にもノミネートされたが、「見せたいものだけを放送する」方針に疑問を抱き、撮影クルーを外れた。

 20年の秋、日本の捕鯨について詳しく知りたいと太地町を訪れた。複数の船で鯨を網に追い込み、銛(もり)を投げて仕留める古式捕鯨。江戸時代初期に生み出されたその歴史と、先祖代々受け継がれてきた技術とチームワークに感銘を受けた。
 「日本は欧米のように油だけを取って鯨を捨てるようなことはせず、すべての部位を使って無駄にしない」。しかし、歴史や背景を当の日本人が知らないことに驚いた。「太地の真実のストーリーを伝えなくては」。捕鯨の研究を進めながら、和歌山大観光学部で教壇に立つ。

 今年1月、米ソールズベリー大学の学生9人を太地町へ案内した。捕鯨の歴史や鯨を供養する文化を説明すると、学生たちは熱心に耳を傾けた。「自分の足でその地を訪れ、歴史や背景を知ることが事実を知ることにつながる」と話す。
 キャロライン・ケネディ駐日米大使がイルカの追い込み漁を批判するコメントを短文投稿サイト・ツイッターに出したのは、その数日後のこと。ワーン氏は「ケネディ氏も一度、太地を訪れてみてほしい」と訴える。

 「日本はこれからも捕鯨を続けるべきだ」。3月末、オーストラリアの訴えにより国際司法裁判所が南極海での日本の調査捕鯨停止を命じたことについては、悲観的にとらえていない。「日本の捕鯨の正当性を世界に伝える絶好の機会ではないか」と話す。
 「必要なのは欧米の批判を気にせず、捕鯨の真実を伝えること。太地は自信をもって立ち向かえばいい」。真剣なまなざしでそう語った。

[シー・シェパード側から一転「捕鯨の歴史や正当性を伝えたい」]
http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2014/04/13taiji/


なんとも奇特な方がいるものです・・。
こういう方は大事にしなければなりませんね。


最近は、こういう外国人の方が増えているような印象を受けます。
昨日紹介した「慰安婦問題の不当性」を訴えているイギリス人、ヘンリー・S・ストークスさん、テキサス親父ことトニー・マラーノさん、ネット上には、慰安婦問題の不当性を告発したマックス・フォン・シュラーさん、親日韓国人ブロガーのシンシアリーさんと“うどん”さんがいましたね。


こういった方々を増やしていかなければなりません。
結局のところ社会変革運動とは支持拡大運動なのですね。


真実を伝えようと身を粉にして活動している方がいますが、真実を知ったとしても相手が動くとは限らないのです。


もっといいますと論理的に正しいことを証明したとしても人が動くとは限らない・・。
経験がある方も多いと思われます。


人が動かす方法には論理面と感情面がありますが、感情面を考慮せず動き・・・感情面の反発を引き起こし、感情面のハードルをあげてしまうのは愚かなことです・・。


人間にはネガティビティバイアスがあるため、一度あがったハードルは下がらない。。


[ネガティビティバイアス]
http://3gensoku.seesaa.net/article/395059395.html


イデオロギーが関わる論点は、論理を使っても動かしにくい・・・その上さらに感情面のハードルを上げてしまえば、、、長期的には敗北への道です。


味方を減らしてはいけません。


------------------------------------------------------
現代社会においては、
大規模な事業を行う場合には大衆の同意がかかせない。
したがって、その事業がいかに健全なものであっても、
その良いイメージを大衆の心に印象づけることができなければ
失敗に終わる。(宣伝広報学の父:Edward Louis Bernays博士)
------------------------------------------------------


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。