2014年03月31日

日本と韓国を決定的に分けたもの(2)

昨日書いた記事、「日本と韓国を決定的に分けたもの」の続きを書こうと資料を読んでいたのですが、資料を読んでいるうちに、私がまとめる必要性を感じなくなり、また、私自身、資料を整理・記録しておきたいという思いに駆られましたので、引用文を記しておくことにします(^^;


以下は歴史学者の加来耕三さんが上梓した「時代に挑んだ男たち」という本の内容の一部になります。
あらためて読んでみて“懐かしさ”のような、哀愁のような、不思議な感慨につつまれましたので、その気持ちを忘れないように記録しておきます(何日か掛かるでしょう)。


ここから先は、ただの私の備忘録的なものになりますが、読むもよし、無視するもよし、考えるもよし・・・です。
日本人とは何か?」――古き良き、むかしのお話です。


――まぁ、記事にするということは多くの人に読んで欲しい内容ということなのですけどね(^^;――


*        *        *



「批孔」運動というのが、つい最近まで隣国の中国であった。
中国人の心骨を二千年もの間むしばんできた、儒教を否定しようというもので、一時は孔子の墓標まで破壊され、子供の遊びにすら孔子の首を刎ねるものがあったという。


この話を聞いて、不思議に思った日本人は少なくなかった筈だ。
日本では徳川時代に根を下ろした儒教は、明治維新後、近代国家の成立ともうまく噛み合い、渋沢栄一の「右手に算盤、左手に論語」といったような、今日の経済大国・日本への強力なバックボーンともなった。


ところが、本来の儒教は厄介なことに、その本質において、同血の秩序を倫理化したものである以上、「私」が「公」に優先するという原理をもっていた。
そのため長い間、中国やその優秀な儒教門下生であった朝鮮半島では、産業や技術など国家繁栄必須のものが育たず、極言すればそうした担当者の親類縁者によって喰いものにされ、枝葉ばかりか根まで枯れてしまうことも少なくなかった


当事者が正義漢に燃えて、汚職や不正を峻拒すれば、「私」を優先させなかったことでその人は没落しかねず、信じられないことだが、保身のために汚職をするといったことが、儒教的正義として半ば公然と行われてきたのである。


日本は“本家”のこの混乱を、徳川時代、すでに払拭していた。
たとえば、幕末の長州藩――。
薄禄の藩士・玉木文之進は、非役のとき、畑を耕作しながら甥の吉田寅次郎(吉田松陰)を畔道に坐らせ、農耕の合い間に漢学を教えた。


そうしたある日のこと。朗読中の寅次郎の頬に、一匹のハエがとまった。
寅次郎が思わず手で頬を掻いたところ、文之進は激怒し、寅次郎が失神するほどに殴りつけ、折檻を加えた。


文之進はいう。聖賢の書を読む行為は「公」であり、頬を掻くのは「私」の行為だ、と。
「公」の仕事をするおりに、「私」を思うのは許されない。
それを厳しく知らしめ、忘れさせぬためにも、肉体的苦痛を与えたというのである。


文之進のこの考え方は、些か潔癖すぎるきらいはあったが、当時の日本――幕府にも諸藩にも、これに近い意識はあった。
その証拠に明治維新後、「富国強兵」「殖産興業」を急ぐ新興日本は、国家が管理して資本主義を育成したが、巨大な資本が投下される産業において、隣国に見られたような政府高官による悪辣な汚職や、寄ってたかっての食い荒らしはおこなわれなかった。


このあたりの事情を、明治期、日本に滞在していたラフカディオ=ハーンは、友人のフューストン=チェンバレン(東大教授)に宛てた手紙で、


古き日本の文明は、道徳面においては、西洋文明に物質面で遅れをとったその分だけ、西洋文明より進んでいたのだ


と指摘している。
ハーンを含め、明治以降に日本を訪れた外国人が、揃って憧憬と賞賛をこめて「日本人」の中に見た伝統・文明とは、つまるところ、徳川時代に確立された自律と自己犠牲と美しさを兼ね備えた意識――「道義」「良心」、節・義・廉・恥の教え――多くは儒教を骨格としていながら、その実、日本流にアレンジされたところの「武士道」であった


*        *        *


明日につづきます。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます


2014年03月30日

日本と韓国を決定的に分けたもの(1)

何やら韓国独自の教育論について報道が出ています。
ちょっと見てみましょう、、、日本とは異質ですね・・。


韓国の子育て観「他人に迷惑かけていいから勝て」〈AERA〉

 外交や歴史観で問題を抱える日韓関係。子育て、人間関係、歴史認識などで生じる夫婦間の「壁」とは。

 一見、似ている日本人と韓国人。だが、「そこが双方誤解のもと。日本と韓国は社会のつくりが全く違う」と話すのは太田厚志さん(54)だ。韓国人女性と結婚、妻の出身地・大邱(テグ)広域市で約25年暮らし、日本語などを学生に教えてきた。現在は永進(ヨンジン)専門大学・外国人主任講師。太田さんは語る──。

 韓国で暮らし始めたときは戸惑いました。人間関係のあり方が日本とあまりに違うから。日本人はまず「なごやかな雰囲気」を作ろうとする。ところが韓国人はそうじゃない。むしろそれに生理的に反発する。相手の立場を察することもない。空気など読まない。個人と個人のぶつかり合いです。

 家での子どもの教育も、日本人だと、子どもにまず教えるのは「人様に迷惑をかけるな」。でも韓国は違う。うちは大家族で、姑が、私の子どもを含む孫たちを教育しましたが、

「家族は一体だ。家族には忠誠を尽くせ。でも一歩外に出たら他人にいくら迷惑をかけてもいい。どこまでも自分を主張し、堂々と、自分のやりたいことを貫け。そして勝ちなさい」

 と教えました。
徹底した個人主義です。人間同士の一体感など求めない。目指すのは、欲望の渦である現実社会で、あの手この手で生き抜いて成功すること。自由主義なんです。一方で、韓国社会は脱線行為をしてしまった人間には寛容です。黙って放っといてくれる。

[韓国の子育て観「他人に迷惑かけていいから勝て」]
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140320-00000011-sasahi-kr


これが悪いことなのかどうかは置いておき、日本人から見ますと、とりあえず異質ではあります・・。
実は、この考え方は儒教をもとにしています。
儒教は、その本質において「公」より「私」を重んじる論理がありました。


儒教国家である李氏朝鮮において、親類縁者を「公」よりも重んじる風潮は、汚職や不正を助長し、「公」の資源を喰いものにすることがままありました。


当事者が正義漢に燃えて、汚職や不正を拒否すれば、「私」を優先させなかったことでその人は没落しかねず、保身のために汚職をするといったことが、儒教的正義として半ば公然と行われていたとのことです。


また、李氏朝鮮は過酷な儒教国家であり、孔子の故郷である中国以上に儒教的・排他的であったとされています。
儒教を何よりも重視する世相のため、「公」や「国」よりも「儒学」の研究・実践に莫大な資源が投入されることとなりました。


これらのことは朝鮮史研究の専門家 古田博司教授(筑波大学大学院教授)も、よく語っていますね。


『李氏朝鮮に高度な文明などなかった。李朝五百年は中国から学んだ朱子学(儒教)の儒礼の実践、消化に費やされ、経世済民を思わぬ李朝政権により朝鮮は貧窮に閉ざされていた。』(「棚ぼた式独立」の傷うずく韓国,古田博司)


『李氏朝鮮の国内では、両班たちが朱子学(儒教)の正統性を争っていた。朱子学の解釈権を握り、科挙の試験官を自派で占める。合格者は官僚になって、学閥は権力を手に入れる。儒者の塾は棍棒で武装し、敵方の打ち壊しまでした。朝鮮史では、これを「党争」という。』(朱子学の影引きずる朴氏の反日,古田博司)


『三年喪や祖先祭祀など、朱子学(儒教)の礼の実践ばかりした李氏朝鮮では、経世済民を考える暇がない。流浪の民が居ついた地方の知事が良い知事である。土地には所有権がなく、村には村界がなかった。町には民のための商店もない。』(朱子学の影引きずる朴氏の反日,古田博司)


しかし、ご存知のとおり、日本にも儒教は入ってきていました。
朱子学(儒教)は1200年頃には、すでに日本に入ってきていますし、その後、鎌倉〜江戸時代と研究がすすみ、普及もしました。
(坂本龍馬、勝海舟、吉田松陰、山本覚馬らが学んだ思想家 佐久間象山は朱子学者です)


明治維新後、儒教は、近代国家の成立ともうまく噛み合い、経済大国・日本への強力なバックボーンになった――とも言われています。


『経世済民を思わぬ李朝政権により朝鮮は貧窮に閉ざされていた。土地には所有権がなく、村には村界がなかった。町には民のための商店もない。』


なぜ、朝鮮と日本には、かくも惨たらしい差が生まれてしまったのでしょうか・・。


この話、もう少し続きます。
つづきは、また明日。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


2014年03月29日

「韓国破綻秒読み」とか「ガン発病率世界1位」とか

韓国が3度目の破綻に向けて秒読み状態、という報道がでております。
ちなみに著者は宮崎正弘さんです。


といっても、破綻する破綻するといって破綻していませんので、このままダラダラと生き延びるような気も・・(^^;
今回は中国様もついていますし・・。


 「反日大統領」こと、韓国の朴権恵(パク・クネ)大統領は、世界中で「日本は悪だ」という「告げ口」外交を展開している。

 猛反発の日本では、『悪韓論』『呆韓論』『愚韓論』などがベストセラーとなり、いまの日本人は怒りを通り越して、むしろ「韓国人はなぜそうなのか」という、文化・民族心理の研究に入った。いまさらながら、福沢諭吉の『脱亜論』を読み返す人も増えた。

 韓国は1500年間、中国の子分だった。

 日本企業の中国投資は激減し、およそ1万社が中国から撤退態勢にある。「もう、中国はこりごり」と思っていた矢先、今度は韓国からも撤退準備を進める日本企業が目立つようになった。

 「反日」に熱狂する韓国が直面しているのは、国家経済そのものが倒産(=国家破綻)する危機である。

 いずれ中国に泣きついて助けてもらうつもりらしいが、中国は相手にしないだろう。結局、日本にゴロニャンと泣きつくのではないか。そのときは、過去の反日はなかったことにして、韓国はまたまたシラーッと日本にタカリを強要してくるはずだ。

 韓国が国家破綻した例は過去2回ある。いずれも自国では解決できず、他国にすがった。

 1度目は李氏朝鮮時代。同王朝は500年続いたため、19世紀末には疲弊しており、「財政はすでに破綻し、土地や資源など抵当になる財源は列強に押さえられ、事実上の破産状態だった」(黄文雄著『犯韓論』幻冬舎ルネサンス親書)。日韓併合により日本の持ち出しで救ったのだ。「日本政府が内地の税収を『補充金』、差額を『立替金』として捻出し、(中略)朝鮮総督府の施政下で半島は辛くも生き残った」(同)のである。

 2度目は、1997年のアジア通貨危機が直撃して、国際通貨基金(IMF)の管理下に置かれた。IMF指導によって非効率部門は再編され、10大財閥が形成されたのだが、個人の借金は増え、失業者は増大し、庶民の絶望は底知れず、自殺者が急増した。

 以来、韓国大手企業はほとんどが外国ファンドが筆頭株主となり、利益はごっそりと海外へ運ばれている。

 そして現在、3回目の破綻寸前に陥没している韓国は、最後のあがきで中国にのめり込んでいるのである。

 日本との通貨スワップでどれほど助けられたか分からないのに、「反日」路線を暴走中だから、日本からの資金提供も「もういらない」と強がりを言っている。こうなると韓国は中国と心中するつもりらしい。

[韓国、3回目の破綻へ秒読み 「反日路線」爆走で中国と心中か]
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140327/frn1403271749007-n1.htm


*        *        *


もう一つ、紹介いたします。
「韓国の甲状腺ガンの発病率が世界1位、世界平均の10倍を超えている」
という報道が出ています。


当サイトでは、韓国の放射能汚染、および、ガンの発生率のニュースを収集しているため、これも記録しておきます。


2014年3月21日、韓国メディアによると、韓国では2011年に年間約4万人が甲状腺がんと診断されたが、10万人あたり81人が甲状腺がん患者ということになり、発病率は世界1位、世界平均の10倍を超え、社会的医療制度を行っている英国の17.5倍、医療が商業化された米国の5.5倍にも上る。中国新聞社が伝えた。

韓国の医師は「90%以上の患者は過剰な超音波検査が原因だ」と指摘している。甲状腺がんを引き起こす放射能漏れなどの事故が起きていないにもかかわらず、このような結果が生じているのは、医療機関が収入増加を見込んで超音波検査を過剰に行っているためだという。

また、世界保健機関(WHO)の外部組織・国際がん研究機関(IARC)の統計では、2008年における韓国の甲状腺がん発病率も世界1位だったが、死亡率は84位。病状が深刻ではない患者に対して、韓国の医療機関が手術は必要だとする診断書を意図的に発行したことが疑われると伝えられている。

医師は悪性の未分化がんやリンパ腺転移の危険性があり、早期の診断と手術は不可欠だと反論している。(翻訳・編集/岡田)

[韓国の甲状腺がん発病率は世界一]
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=85454


韓国の放射能汚染とガンの発生率については、過去に何度か記事にしており甲状腺ガンの罹患率が日本の14倍というのは知っていましたが、罹患率世界第1位、世界平均の10倍というのは知りませんでした・・。


これだけで、どうこうと言えるわけではありませんが、過去の経緯(放射能アスファルト放置問題など)を見ていますと、言いしれぬ恐ろしさを感じてしまいます。


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

2年以内に中国は終わり

ちょっと前に2chでニュースになっていましたが、なんでも投資の神様2人(ジョージ・ソロスとジム・ロジャーズ)が、中国の破綻?を予測しているそうです・・。


 習近平国家主席率いる中国から「熱銭」(=不動産高騰を狙って流入した投機資金)が急激に引いている。2012年に3000億ドル(約30兆5000億円)が流入したが、翌年には200億ドル(約2兆350億円)が英領バージン諸島などタックスヘイブン(租税回避地)に流失した。

 米著名投資家のジョージ・ソロス氏は「2年以内に中国は終わり」と発言。ソロスの一番弟子だったジム・ロジャーズ氏は「『中国の時代』が来るが、到来と同時に終わるかもしれない」と5年前に予言した

 欧米企業も撤退姿勢を示しており、独自技術が少ない中国は厳しい。世界を瞠目(どうもく)させた同国の高度成長経済は、呼吸困難に陥る事態が視野に入ってきた。

 中国の社債デフォルトも始まった。

 大手太陽光パネルメーカー「超日太陽能科技」(上海市)は5日、償還間近の社債利払いが不能となったと発表した。=以下略=

[大不安の中国金融 社債デフォルト、金投機… 独自技術少なく欧米企業は撤退]
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140324/frn1403241713009-n1.htm


これだけの記述ですか・・(;-_-)


ちなみに、金融に詳しい方がならご存知のことと思われますが、お二方とも超大物であり、神様と呼ばれてもおかしくない人物ではあります。


よく「投資の神様って何人いんの?ww」とか2chに書かれていることがありますが(^^;、存命であることを条件とするならば、ソロス、ジム・ロジャーズ・・・あとバフェットさんが居ます。
ただ、バフェットさんは、あまりマクロ経済の見通しについては語らないイメージがあります。


ソロスもジムも、超大物であると同時に実際に利益をあげてきた実践家ですので、その話には傾聴してしまいます。


その二人が「中国は終わる」・・・ですか。
終了して欲しいですねえ・・。
ポジショントークの可能性もありますけどね(^^;


ただ、ソロスはともかくジムが、中国が終わると発言したのは意外です・・・というか本当なのでしょうか?
氏は熱狂的な親中家として知られる人物で、愛娘には幼い頃から中国語を学ばせているような人物なのですが。。


ちなみにジム・ロジャーズは、日本についても言及しています。


安倍晋三首相が進めているアベノミクスは、これまで多くの海外投資家を惹きつけ、日本企業の株価を大きくアップさせました。

私もアベノミクスが始まれば株価が上がるという確信があったため、日本株を所有し、儲けを得ることもできました。

今後1~2年、日本株はさらに上昇すると思います。私がいまNTTなどの日本株を持っているのも、それが「上がる」と信じているからです。

しかし、「その後」を考えた時には、暗澹たる気持ちにならざるを得ません。長い目で見ると、アベノミクスというのは、日本経済を破壊する政策でしかないからです

20年後から現在を振り返った時、安倍首相という人物は、日本経済を破壊するとどめを刺した張本人として語られているに違いありません。日本人は早くそのことに気づくべきではないでしょうか。=以下略=

[「日本経済に何が起きるのか、教えましょう」]
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38748


うーーーん、悲観的ですねー(^^;


こちらは外れてくれることを祈るばかりです(−人−)


もしよろしければ―→ にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
(別窓で開きます)


posted by K_美樹 at 19:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 中国情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。